腰痛症例ブログ6

京都市伏見区から来院された新患の男性は腰痛でお困りでした。

1週間前に座って長時間仕事をしたあと右のお尻に痛みが出たらしいです。

翌日にゴルフに行くと痛みが強くなったらしい。

最後までプレイできなかったということです。

その翌日、行きつけの鍼灸院で鍼を受けると、その場は痛みは軽くなったそうですが、夜になってからは立てないほどの激痛になったらしい。

昨日までは、起きることも出来ずずっと寝たままで、今日、やっと立って歩くことができるようになったらしい。

鍼治療については詳しいことは分かりませんが、一口に鍼治療と言っても色々なやり方があります。

筋肉を緩めるものや、麻酔のように痛みを感じなくさせる鍼もあります。

鍼で痛みは感じなくなったが、根本原因が改善されて以内場合は症状が悪化することもあるようです。

痛みを感じないので無理をしてしまい悪化させるのだと思います。

痛む場所は仙骨中央ということでした。

仙骨の腰痛の原因は下部腰椎にあることが多いです。

腰椎5番と仙骨の間の腰仙関節が影響していることが予想されます。

もちろん、腰椎5番と仙骨の間の椎間板ヘルニアが原因ということも考えられます。

大阪茨木くぼ整体の腰痛に対する施術は、

まず動作での痛みを確認し、原因がどこにあるかを想定します。

脊柱起立筋や骨盤の筋肉など必要な筋肉を独自の操法(無痛ポジショナル操法)でソフトに十分緩めます。

大腰筋を緩めます。

腰椎のつまりを取ります。

仙骨の痛みの場合は腰椎5番と仙骨の間のつまりを中心に行います。

頭蓋骨と頚椎の間を緩め、脳脊髄液に働きかけ、自然治癒力のUPを図ります。

独自の手圧操法でトリガーポイント(痛みの原因となる筋肉のシコリ)を緩めます。

骨動操法で腰椎の歪みを正します。

ストレスをリセットします。

施術後は痛みが無くなっているか、減っているか確認していただきます。

この方は施術後は腰痛はなくなり、無痛でお帰りいただけました。

大阪茨木くぼ整体で、腰痛の早期改善が期待できる理由はこちらのページをご覧ください


茨木市や高槻市、吹田市、摂津市など北摂で、腰痛でお悩みの方は今すぐご相談ください。

大阪府 茨木市 舟木町4-29-205

大阪茨木くぼ整体 072-636-1132