腰痛症例ブログ5

豊中市の男性は腰痛で4回目のお越しでした。

1か月半前にぎっくり腰のような痛みを感じたそうです。

痛みが治まらず、当院へお越しになられたそうです。

痛む場所は左腰部と左仙骨。

場所から考えると椎間板ヘルニアかもしれません。

病院の治療は信用できないらしく、病院には行ってないということでした。

座っているとマシだが、歩いたり立ち続けたりの状況で我慢できない痛みになるということでした。

立ち仕事のため、仕事を休んでいるということでした。

座っていると痛くないが、立つ、歩くで痛むという症状は、大腰筋の緊張と腰椎の後湾が考えられます。

ヘルニアの突出による腰部の筋肉の過緊張も考えられます。

病院での治療で腰痛が改善しないことも多いですが、レントゲンやMRIなどの検査は病院でしかできません。

でも、腰や骨盤の状態がどうなっているか知ることは必要です。

当院の施術と並行して、病院で検査を受けておくことをお勧めしました。

大阪茨木くぼ整体の腰痛に対する施術は、

まず動作での痛みを確認し、原因がどこにあるかを想定します。

この方の場合は立つ歩くで痛むので大腰筋の緊張が考えられます。

脊柱起立筋や骨盤の筋肉など必要な筋肉をソフトに十分緩めます。

大腰筋を緩めます。

腰椎のつまりを取ります。

頭蓋骨と頚椎の間を緩め、脳脊髄液に働きかけ、自然治癒力のUPを図ります。

独自の手圧操法でトリガーポイント(痛みの原因となる筋肉のシコリ)を緩めます。

骨動操法で腰椎の歪みを正します。

ストレスをリセットします。

施術後は痛みが無くなっているか、減っているか確認していただきます。

豊中市の男性は初回の施術で痛みは軽減されたようでした。

2回目の施術後は仕事にも復帰できるまで痛みが軽減されました。

3回目の施術の翌朝から、まったく痛みがなくなったそうです。

今日の4回目の施術で腰痛を卒業されました。

腰痛ベルトをされていたので、 痛みがなくなったのだからベルトはしない方が良いとアドバイスさせていただきました。

腰痛ベルトは腰の筋肉の代わりをしてくれるので、腰を支える筋肉が弱ります。

また腰痛は忘れ去ることが肝心です。

ベルトしていたら、常に「私は腰が悪い」と自己暗示を かけているようなものですから、しない方が良いのです。

大阪茨木くぼ整体で、腰痛の早期改善が期待できる理由はこちらのページをご覧ください


 

 

 

 

 


茨木市や高槻市、吹田市、摂津市など北摂で、腰痛でお悩みの方は今すぐご相談ください。

大阪府 茨木市 舟木町4-29-205

大阪茨木くぼ整体 072-636-1132