腰痛症例ブログ1

大阪市の男性は腰痛でのお越しでした。

5日前に荷物を持とうとしたときに腰にビリっときたそうです。

その後腰痛で立てない、歩けないという状態になったらしいです。

重いものを持とうとするときは腰を丸くしがちです。

腰を丸くすると腰の筋肉、脊柱起立筋群は引っ張られた状態になります。

その状態で荷物を持ち上げようと力を入れると、脊柱起立筋群が急激に収縮します。

引っ張られた状態での急激な収縮が脊柱起立筋群を傷めることになるのです。

脊柱起立筋群の急激な収縮は、腰椎をずらすことにもなります。

この男性はその後、徐々に腰痛は緩和したものの、前屈するのがつらく、靴下がはきづらいという状態で来院されました。

腰痛で靴下が履きにくいという方は多いです。

靴下を履く動作で伸ばされる背中側や脚の裏側のの筋肉の緊張も重要ですが、背骨の前側の大腰筋という筋肉の緊張を緩めることが腰痛改善には非常に重要となります。

大腰筋は深部の筋肉のためマッサージなどでは緩みません。

当院では独自の無痛ポジショナル操法で大腰筋を緩めることができるため、腰痛の即効改善が可能です。

大阪茨木くぼ整体の腰痛に対する施術は、

まず動作での痛みを確認し、原因がどこにあるかを想定します。

脊柱起立筋や骨盤の筋肉など必要な筋肉をソフトに十分緩めます。

大腰筋を緩めます。

腰椎のつまりを取ります。

頭蓋骨と頚椎の間を緩め、脳脊髄液に働きかけ、自然治癒力のUPを図ります。

独自の手圧操法でトリガーポイント(痛みの原因となる筋肉のシコリ)を緩めます。

骨動操法で腰椎の歪みを正します。

施術後は痛みが無くなっているか、減っているか確認していただきます。

このかたの術前確認では、左の脚が短くなっており、腰椎は右にズレていました。

大腰筋、腰方形筋や外腹斜筋もカチカチでした。

施術により必要な筋肉の緊張を取り、骨盤、腰椎を正すと、楽に前屈ができるようになりました。

靴下をはく動作でも腰痛は感じなくなったようです。

大阪茨木くぼ整体で、腰痛の早期改善が期待できる理由はこちらのページをご覧ください


 

 

 

 

 


茨木市や高槻市、吹田市、摂津市など北摂で、腰痛でお悩みの方は今すぐご相談ください。

大阪府 茨木市 舟木町4-29-205

大阪茨木くぼ整体 072-636-1132