頚椎ヘルニアの症状として、腕に力が入らない、腕があがらない、腕立て伏せができないなどの筋力低下や、

手に力が入らない握力低下、指の細かい動きが出来ずボタンが留められない等の症状があります。

大阪茨木市のくぼ整体では頚椎ヘルニアの筋力低下や握力低下、運動障害の最短改善が期待できます。


大阪茨木、高槻、吹田、豊中、箕面など北摂や枚方、寝屋川、京都、奈良、神戸からも多く来院されます。


頚椎ヘルニアの腕の筋力低下や手の握力低下の原因

頚椎ヘルニアとは

頚椎(首の骨)は7つの椎骨で構成されており、椎骨と椎骨の間には椎間板というクッション材があります。

椎骨の中は脊髄神経が通っており、脊髄神経は神経根というもので枝分かれしています。

重いものを持ったり、クシャミをしたりすると、頚椎を支持する筋肉が急激に収縮し、それに伴い椎骨と椎骨の間の椎間板が上下から圧迫されます。

その時椎間板の中のゼリー状の物体(髄核)が飛び出したり、椎間板が後ろに膨れて(膨隆)脊髄神経の神経根を圧迫します。

これが椎間板ヘルニアです。

突出

症状

頚椎ヘルニアは首から肩、肩甲骨、上腕、前腕、手、指などに痺れや痛みを発症させます。

痛みや痺れに伴って、腕に力が入らず腕が上がりにくい筋力低下や、手に力が入らない握力低下、指先の細かい動きがしにくい等の症状が出る場合もあります。

頚椎ヘルニアの握力低下や腕や手に力が入りにくい筋力低下の原因は、痛みによるものと、そうではないものがあります

痛みに伴うものは、痛みによる筋肉の緊張が筋力や握力を低下させていると思われます。

この場合は、痛みやしびれが軽減すると自然に力が入るようになり、筋力や握力も改善されるので、それほど心配することはないと考えます。

痛みが原因の筋力や握力の低下は、整体施術で十分改善が可能と考えています。

痛みや痺れが伴わない筋力や握力の低下は、深刻な原因の場合があります。

ヘルニアや狭窄や骨棘による脊髄神経の圧迫が原因で力が入らず筋力や握力が低下する場合です。

頚椎症性脊髄症です。

重症になると、両手両腕の筋力低下や麻痺、両脚に力が入らない等の麻痺を引き起こします。

軽度のものであれば、頚(頚椎)の支持筋群を十分緩めて椎骨と椎骨の間の圧迫を軽減すれば改善の可能性があります。

頚椎症性脊髄症は進行することがあるので、病院でのしかるべき処置が必要と考えます

20171211-1

頚椎ヘルニアの握力低下、腕に力が入らない筋力低下の解消法

頚椎の支持筋の緊張を十分緩めて椎間の圧迫を減らし、椎骨のズレを正すことが必要です

筋力や握力の回復には頚椎の関連筋(胸鎖乳突筋、斜角筋、肩甲拳筋、僧帽筋など)を緩め、椎骨を正しい状態に戻し、

ヘルニアの圧迫を減らし、痛みや痺れを軽減する必要があります。

大腰筋などの首に関連する筋肉や、骨盤の歪みを作っている筋肉を正常な状態にすることも重要です。

骨格全体のの歪みを正すことが必要です

筋肉を緩めてずれた椎骨を正しい状態にリセットすれば、腕の筋力低下や手や指の握力低下の原因であるヘルニアが元に戻ることもあります。

ただし、頚椎の矯正とともに骨格全体の歪みを正すことも必要です。

頚椎という「部分」を正しても、骨格全体の歪みが残っていると、すぐに痛みや痺れとともに腕の筋力低下や手や指の握力低下が再発することとなるからです。

大阪茨木市のくぼ整体では、頚椎ヘルニアの筋力や握力の低下の根本改善には、自然治癒力の回復が必要と考えています

本来は筋力や握力の低下の原因となる筋肉の緊張や骨格の歪みは一晩寝れば、ご本人の自然治癒力で解消するはずです。

いつまでも長引いて力が入らないのは自然治癒力が落ちているからだと考えています。

自然治癒力の回復の邪魔をしているのは、体液(脳脊髄液、血液、リンパ液)の循環不良とストレス、骨格の歪みです。

大阪茨木市のくぼ整体の施術では、骨格の歪みを正し、体液の流れを改善し、ストレスをリセットし自然治癒力を回復させ、根本改善を目指します。

頚椎ヘルニアの腕に力が入らない筋力低下や、手を握れない握力低下でお困りの方が数回の施術で良くなられています。

握力低下や腕に力が入らない、腕立て伏せが出来ない筋力低下でお悩みの方は大阪茨木市の治療系くぼ整体にご相談ください

当院の頚椎ヘルニア施術について詳しくはこちらのページをご覧ください。体験談も多数ございます


20171211-2

完治された方の喜びの声

頚椎ヘルニアの指が動きにくい症状を4回で卒業 S・Tさん 京都市 40歳 男性

20140218-31喜びの声

ホームページ内の頚椎ヘルニアの症例や体験談、体験談動画は、あくまでも個人の感想で、すべての方の改善を保障するものではありません

体験談

頚椎ヘルニアが原因で左手にしびれマヒの症状があり、整形外科で手術をすすめられましたが、

メスを入れることに抵抗があり、こちらで施術を受けました。

痛みを伴う治療もなく、3回でしびれやマヒもなくなり不思議な感じですが、本当に来てよかったと思います。

院長コメント

最初は左肩甲骨に痛みが発症し、そのうちに首、肩甲骨、腕が疼くように痛みだし、左手に力が入りづらくなってきたそうです。

ギターを弾くのが趣味なのに思うように左手が動かず、ギターが弾けないとお困りでした。

初回、2回目と順調に改善され、3回目の整体施術の後は徐々に症状が減っていき、肩甲骨の痛みもしびれも違和感もなくなりました。

左手の指も思うように動くようになりギターが弾けるようになったと喜んでいただけました。

念のためにと、4回施術を受けられました。


頚椎ヘルニアの肩甲骨の激痛と腕に力が入らない筋力低下 N・Kさん大阪府八尾市 43歳 男性

20151117喜びの声

院長コメント

当院にお越しになる1週間前に首に寝違いのような痛みが発症し、左肩甲骨に激痛が走るようになる。

夜に救急車で病院に行くが痛みは変わらず。

翌日の病院のMRIでは頚椎6番~7番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

病院で処方されたリリカ、トラムセット、ボルタレンを服用するも痛みは治まらない。

常時痛みがあり、夜も眠れないという状態でした。

右骨盤にゆがみがあり、頸椎6番に大きな変位を認めました。

骨盤を正し、必要な筋肉を十分緩め、頸椎を調整しました。

初回から順調に改善し、3回目施術後には痛みはほとんど感じなくなるが、左腕に力が入りにくい筋力低下があることに気づく。

痛みで左腕の筋力低下に気づいておられなかったようです。

4回目施術後は痛みは完全に感じなくなり、腕の筋力低下も完全に回復する。

5回目施術は、痛みもしびれも筋力低下も完全に良くなったということでキャンセルされました。


腕に力が入らない筋力低下で腕立て伏せができないの 大阪府高槻市 39歳 男性

201410281喜びの声

体験談本文

肩と腕が痛く、カイロに行ってもよくならなかったため、こちらにやってきました。

1回目の施術で随分よくなり3回目ではほぼ完治しました。

くぼ整体にお世話になり本当によかったです。

先生、ありがとうございました。

院長コメント

大阪高槻市の男性は、1か月半ほど前から背中が痛くなり、右肩に強い痛みが出て、右腕も痛くなったそうです。

腕に力が入らない筋力低下で、腕立て伏せができないという状態でした。

初回施術では痛みは大分マシになり、筋力低下もずいぶん良くなられました。

2回目の施術後は痛みは感じなり筋力低下も力が入るようになり、腕立て伏せができるようになられました。

3回の施術で様子を見ることになりました。


頚椎ヘルニアの肩甲骨から腕の痛みと手に力が入らない握力低下 M・Yさん 京都市 50歳 男性

201408121喜びの声

体験談本文

頚椎ヘルニアになって1週間ぐらいで受診しました。

私の場合は肩、背中に痛みがあり、不快感が続いていました。

そこでネットで見つけたくぼ先生に施術していただき、1回目はとりあえずびっくりするくらい良くなったのですが、調子に乗ってゴルフをしたらやはりまた悪化しました。

こんなことを何度か繰り返しているうちに、今はほとんど忘れているくらい良くなりました。

ただ、施術を受けると他も調子が良くなるので今も定期的に通っています。

私は京都からですが、今のところしばらくは通うつもりです。

院長コメント

発症後1週間でのお越しでした。病院では頚椎5番~6番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

右の首から肩甲骨の痛み、右上腕にかけて強い痛みがあり、右手に力が入らず握力が低下しているということでした。

初回施術後には右手に力が入るようになり握力は元に戻り、肩甲骨の痛みや腕の痛みも相当軽減しました。

痛みによる握力低下だったようです。

当院では、痛みが原因の握力低下は1回で良くなることも多いです。

3回目の施術後は日常生活ではほとんど気にならなくなり、首を限界まで動かすと肩甲骨にハリを感じる程度になりました。

施術を受けると他も良くなるということで定期的に通っていただいています。

頚椎ヘルニアの筋力低下で腕立て伏せが出来ない 東大阪市の男性 20171212喜びの声

体験談本文

腕が痛みで上がらなくなったので、マッサージ、鍼に行ったが良くならず、病院へ行ったら頚椎のヘルニアと言われ、点滴と薬を飲んだが痛みがひどくなり、首も上がらなくなったので整体や整骨院に何回も通ったが良くならず、ネットで調べてくぼ整体を見つけたのですが、遠いなあと思ったが、藁をもつかむ思いで行った。

二度三度と行く度に良くなり、今では仕事も出来る様になりました。

くぼ先生に感謝をしています。

院長コメント

2か月前に腕にしびれと痛みと、力が入らず腕立て伏せのできない筋力低下が発症。

鍼に行ったがよけいに痛くなる。

病院のレントゲン検査で頚椎椎間板ヘルニアと診断される。

地元の整体に15回通って少しましになるが完治せず、腕立て伏せのできない筋力低下は改善しない。

その後、整骨院でボキボキされ、痛みとしびれも元の木阿弥になる。

上を向いたり、右を向くと痛みとしびれが強くなり、右腕は力が入らない筋力低下で腕立て伏せができない状態。

要所の筋肉を緩め、骨盤と頚椎を無痛でソフトに矯正しました。

2回目の施術以降は痛みとしびれは大幅に軽減しました。

4回目の施術以降は筋力が戻り腕立て伏せもできるようになり、痛みとしびれはなくなりました。

5回の施術での終了でした。


頚椎椎間板ヘルニアの肩甲骨の痛みと腕のしびれと、力が入らない腕の筋力低下  大阪市 45歳 男性

231喜びの声

体験談本文

右肩、右腕のしびれで整形外科のリハビリを受けていたが、薬をやめると痛みがひどくなり、なんとかしたくてここのホームページにたどりつきました。

最初は半信半疑でしたが、1回目で方が軽くなり、しびれもましになり、薬をやめても痛みが出ませんでした。

計5日の通院でほとんど気にならない程度まで改善しびっくりしています。

ありがとうございました。

院長コメント

大阪市の男性は、3か月前からの右肩甲骨の痛みと腕のしびれと、腕に力が入らない筋力低下の症状でした。

病院では頸椎5番6番のヘルニアと診断されたそうです。

2回目の施術後には肩甲骨の痛みと腕のしびれはほとんどなくなりましたが筋力低下は少しだけ改善。

3回目の施術後には腕や手に力が入るようになり、筋力も回復しボールを投げることができたそうです。

5回の施術で腕の筋力低下を卒業されました。


症例集

首の痛みと上腕のしびれと力が入らない筋力低下 S・Sさん 大阪府堺市の44歳男性の症例

大阪堺市の男性は6~7年前に頚椎5番~6番のヘルニアと診断されていたらしいです。その時は2年ほどで完治したらしい。

1週間前に肩こりがひどくなりマッサージに行ったところ、翌日から腕がしびれ出し、痛みもひどくなったそうです。

病院で出された鎮痛剤は効かず、夜も眠ることができず、医師からは手術を勧められたそうです。

腕を上げるとだるく力が入らず、筋力が低下し、上げ続けていられないということでした。

当院では頚椎ヘルニアの痛みで夜も眠れないという辛い症状の方も多く来院されます。

握力の低下や腕に力が入らない、腕があがらないという筋力低下や、指が動きにくいという症状も珍しくは有りません。

初回の施術後は痛みやしびれは半減しましたが完全ではありませんでした。

ところが、帰りの車の中で痛みがどんどん減っていき、翌朝には痛みは完全になくなったそうです。

腕の筋力低下も改善し、力が入るようになり腕が上がるようになったそうです。

おそらく体の改善に脳がついていくのが遅かったのだと思います。

頚椎ヘルニアの激痛や筋力低下が1回で良くなったということで、その後は奥様や仕事の同僚の方を何人かご紹介いただきました。


腕のしびれと力が入らない筋力低下 Y・Mさん 大阪府吹田市の52歳の男性の症例

大阪吹田市の男性は1か月前に右腕にしびれが出て整形外科のレントゲン検査では頚椎症と診断されたそうです。

その後水泳中に首に激痛が走り、MRI検査を受けると頚椎4~5番と5~6番のヘルニアと診断されたらしい。

ステロイド注射を5~6回行ったが2日ほどは良くてもすぐに再発を繰り返したそうです。

神経根や硬膜外ブロック注射も行ったが効果はなかったらしい。

腕がだるく力が入りづらく筋力の低下も感じるということでした

頚椎ヘルニアの症状としての握力低下や腕の筋力低下は良く見られます。

当院では握力低下は1回で良くなることが多く、腕の筋力低下もほとんどが良くなられています。

初回の施術で痛みや腕のだるさはなくなり、力が入るようになり握力低下も腕の筋力低下も楽になったようです。

2回目の施術後、「痺れも筋力低下も、もうすっかりよくなりました」と3回目の施術のご予約をキャンセルされました。


首から肩の痛みと手の痺れ、握力低下が4 K・Oさん 大阪市の45歳の男性の症例

大阪市の男性は2か月前に右の首と肩に痛みがでたそうです。

病院のレントゲンでは頚椎ヘルニアの疑いがあると言われ、MRIを撮ると頚椎5番~6番のヘルニアと診断されたらしい。

今は手の痺れと手に力が入りにくいという握力低下の症状でお困りでした。

握力低下は頚椎ヘルニアでよくみられる症状ですが、痛みが原因の場合は比較的簡単に改善します。

初回でしびれは感じなくなるが、痛みは少し残りました。

力が入るようになり握力低下も軽減されました。

2回目の施術後は握力が完全に良くなりボールを投げることができるようになったそうです。

握力低下は完全に良くなり、痛み痺れもなくなり、違和感が少し残るだけになりました。

3回目の施術後は違和感もなくなり、4回の施術で頚椎ヘルニアを卒業されました。


握力低下と左腕に力が入らない筋力低下 T・Kさん 大阪市北区の25歳の男性の症例

10日ほど前に突然首に電気が走ったような感覚があり、左首、左肩に痛みがあり、上を向くも下を向くも左側屈も痛くて動かせない。

左手の握力が低下し、左腕は力が入らない筋力低下。

頚椎5番の椎間板ヘルニア症と病院で診断された。

要所の筋肉を緩めヘルニアの圧迫を軽減し、骨盤、腰椎のゆがみを正した後、頚椎を矯正しました。

力が入るようになり握力が戻り、左腕に力が入るようになる。

施術後痛みは感じなくなられました。

4日後に再来院時は痛みも動きの制限もなく、握力も筋力低下も完全に戻っていたので2回の施術で終了


頚椎脊柱管狭窄症の肩甲骨の痛みと手指の運動障害 K・Sさん 兵庫県伊丹市の36歳男性の症例

兵庫県伊丹市の男性は10日ほど前に朝起きると右肩甲骨の痛みがでて、病院のレントゲンでは頚椎の5番と6番の間が狭いと診断されたそうです。

その後指にしびれがでて、指の細かい動きができなくなったそうです。

箸を使うのも不自由になったらしい。

再度病院でMRIを撮ると、頸椎5番~6番の狭窄と診断されたそうです。

頚椎ヘルニアの影響で指先の動きに障害が出る方もおられますが、ほとんどの方は改善されています。

初回の施術で肩甲骨の痛みと手のしびれは軽減。

3回の施術で肩甲骨や腕の痛みは感じなくなった。

5回目以降は痛みは感じなくなったが、指の動きの悪さが残り、徐々に良くなるという状況でした。

11回目の施術後は指の動きもほぼ回復し、14回の施術で指は元通り動くようになり頚部脊柱管狭窄症を卒業されました。

痛みしびれと比べ手指の運動障害は回数がかかる場合があります。

頚椎ヘルニアのページはこちらへ

大阪茨木市のくぼ整体と二人三脚であなたの辛い腕の筋力低下や、手や指の握力低下の症状を解決しませんか?


大阪、高槻市、吹田市、茨木市で、頚椎ヘルニアの腕立て伏せのできない筋力低下や手や指の握力低下でお悩みの方は、 くぼ整体へ。

大阪、京都、奈良、兵庫県、神戸からも評判と口コミで来院。

大阪 茨木 くぼ整体で頚椎ヘルニアの握力低下や筋力低下を解消しませんか

大阪府 茨木市 舟木町4-29-205 072-636-1132