症例ブログ3(立つと身体が歪む)

 

大阪茨木くぼ整体は、19年間椎間板ヘルニアの痛みを専門とした整体を行ってきました。

症例をご紹介します。

 

椎間板ヘルニアの痛みで、立つと身体が歪む

椎間板ヘルニアと診断された方には、立つと歪んだ姿勢を無意識で作ってしまう場合があります。

こういう場合、伏臥位で寝ていただくと体は歪んでいません。

立つと大きく左右に体が歪みます。

寝ているときは痛みがないので歪む必要がないのですが立つと痛みが出るので、痛みを感じないように無意識に体を歪めてしまうんです。

このような無意識が作る痛みから逃げる歪みは、外力でまっすぐに矯正しようとしてもなかなかうまくはいきません。

潜在的な椎間板ヘルニアの痛みがなくなれば、立っても身体は歪まなくなります。

先日お越しになられた女性も、痛み自体はさほどでもないのですが、前屈や後屈がほとんどできず、身体は大きく左右に歪んでおられました。

ご本人は痛みは感じないといっても、脳が潜在的な痛みを感知し、痛みの出る姿勢や動作をさせないようにしているんです。

当院の椎間板ヘルニア整体で痛みの原因へアプローチすると立った時の左右の大きな歪みは改善しました。

前屈や後屈の角度も改善しました。

当院では、通常数回の整体で潜在的な痛みも徐々になくなり、痛みから逃げる歪みもなくなっていきます。

6回目の大阪市の男性。

椎間板ヘルニアの痛みとしびれでした。

この方は、4か月前から右の仙腸関節付近に腰痛が発症。

その後、右脚にも痛みとしびれが出てきたそうです。

病院のMRIで腰椎4番と5番の間、腰椎5番と仙骨1番の間の2か所の椎間板ヘルニアと診断されたらしいです。

病院の治療では椎間板ヘルニアの痛みとしびれはは良くならず、漢方薬も飲んだが駄目だったそうです。

困った末にインターネットで知った当院にお越しになりました。

寝ているとそうでもありませんが、立つと体が歪んでいました。

この方のケースでは、初回整体後は椎間板ヘルニアのしびれも痛みも回数が減り、体の歪みもましになりました。

4回目の整体の後は、痛みはなくなり腰の違和感が残る程度になりました。

しびれは一日に3回程度まで回数が減りました。

体の歪みもほとんどなくなりました。

5回目の整体の後は、椎間板ヘルニアの痛みしびれはほとんど感じなくなったらしいです。

5回の施術で、しばらく様子を見ることとなりました。

椎間板ヘルニアがたった数回で良くなる理由は、こちらのページをご覧ください