吹田市の女性の体験談

 

大阪茨木くぼ整体は、19年間椎間板ヘルニアの痛みを専門とした整体を行ってきました。

症例をご紹介します。

 

大阪府吹田市の女性は椎間板ヘルニアで2回通院されました。

その体験談を頂きました。

201411031大阪府吹田市の男性の喜びの声

ホームページ内の症例や体験談、体験談動画はすべての方の改善を保障するものではありません。

体験談本文

去年、巨大ヘルニアと診断され、歩くこともできなかったのですが、くぼ整体で1度の施術で、痛みがとれ、歩けるようになりました。

ほんとに奇跡のようでした。

くぼ先生、ありがとうございました。

院長コメント

吹田市の女性は椎間板ヘルニアの激痛で2回通院されました。

1月6日に急に腰に激痛がはしり、夜も眠れなかったそうです。

4日後から腰痛は無くなったがお尻から太ももへの強い痛みに変わり、足先もしびれるようになり歩けなくなる。

椎間板のヘルニアが突出した直後は、周りの筋肉が過緊張し、腰(仙骨付近)に強い痛みが出ます。

腰の筋肉の緊張とともに骨盤の筋肉も緊張します。

腰の筋肉がヘルニアを認知すると、緊張が緩み、腰の痛みは治まります。

骨盤の筋肉の緊張は緩まず、筋膜の癒着を生み坐骨神経痛が発症します。

椎間板ヘルニアで腰痛が治まった後に坐骨神経痛が発症するのは、こういうメカニズムです。

病院のMRI検査では「巨大な椎間板ヘルニア」と診断され、手術を勧められたそうです。

椎間板ヘルニアの手術はしたくないので、インターネットで知った当院にお越しになりました。

巨大な椎間板ヘルニアというのは、聞くだけで恐怖心がわいてきます。

おそらく突出型のヘルニアで相当大きく、垂れ下がっていたのかもしれません。

当院では椎間板のふくらみであろうが、小さな突出のヘルニアであろうが、巨大ヘルニアであろうが、神経圧迫による麻痺症状が出ていない場合はそんなに恐れる必要はないと考えています。

痛みは筋肉、筋膜の癒着とシコリ(トリガーポイント)や、靭帯の引きつれが原因の筋筋膜性疼痛症候群だと考えています。

トリガーポイントや筋筋膜性疼痛症候群については詳しくはこちらのページをご覧ください

吹田市の女性の場合は右骨盤がずれていて、腰椎は左変位していました。

多裂筋、腰方形筋、中臀筋、梨状筋、大腰筋に強い緊張があり、仙結節靭帯に反応がありました。

当院の椎間板ヘルニア整体では

①まず動作での痛みを確認します。

②起立筋群や骨盤の筋肉を独自の無痛ポジショナル操法で緩め、骨盤を正します。

③頭蓋底を緩め、脳脊髄液に働きかけ自然治癒力活性化を図ります。

④足首から膀胱経絡にアプローチします。椎間板ヘルニアの痛みや痺れは膀胱経絡上に発症することが多いからです。

⑤トリガーポイント(筋膜の癒着のシコリ)を独自の手圧操法で緩め、骨動操法で腰椎を正します。

⑥気エネルギーのヒーリングでストレスをリセットします

必要な軟部組織を正常化し、骨盤や腰椎の歪みを正し、椎間板ヘルニアの手術に対するストレスをリセットしました。

初回施術後には痛みは相当軽減し、歩けるようになったと喜んでいただきました。

2回目の施術後には痛みしびれは感じなくなり、2回で終了しました。

椎間板ヘルニアがたった数回で良くなる理由は、こちらのページをご覧ください


大阪茨木くぼ整体と二人三脚であなたの辛い痛みの完治を目指しましょう!