大阪市鶴見区の男性の体験談

 

大阪茨木くぼ整体は、19年間椎間板ヘルニアの痛みを専門とした整体を行ってきました。

症例をご紹介します。

 

椎間板ヘルニアの右足のしびれと痛みで来院された大阪市鶴見区の男性から体験談を頂きました。

201501121喜びの声

ホームページ内の症例や体験談、体験談動画はすべての方の改善を保障するものではありません。

体験談本文

私自身椎間板ヘルニアで朝、夜一日が痛みがとれず夜も寝れない日々が14日間あり、

病院で薬、注射もしましたが痛みが取れず、

ネットでくぼ整体を知り、先生に診察してもらい、来るまでは痛みがあり、

不思議と帰りは痛みもなく、驚くほどばかりです。

感謝しています。

有難うございます。

院長コメント

大阪市鶴見区の男性は2週間前に仕事で重いものを持ち、翌日から右足にしびれと痛みが発症したそうです。

病院(整形外科)へ行きレントゲン検査を受けると、腰椎椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

痛み止めの注射も鎮痛剤も効かず、夜は痛みとしびれで2時間ほどしか眠れず、車の運転も出来ないので仕事を休職中ということでした。

痛みとしびれは常時どんな姿勢でもあるが、布団に入ると強く感じるということでした。

当院の椎間板ヘルニアに対する整体では

①まず動作での痛みを確認します。

②起立筋群、骨盤の筋肉(梨状筋、小殿筋、中殿筋、尾骨筋)、大腿二頭筋、腓腹筋等、必要な筋肉を独自の無痛ポジショナル操法で緩め、骨盤を正します。

③頭蓋底を緩め、脳脊髄液に働きかけます。自然治癒力のUPを図るためです。

④足首から膀胱経絡にアプローチします。椎間板ヘルニアの痛みや痺れは膀胱経絡上に発症することが多いからです。

⑤トリガーポイントを独自の手圧操法で緩め、骨動操法で腰椎を正します。

⑥気エネルギーのヒーリングでストレスをリセットします

この方は右骨盤上方変位で梨状筋に強い緊張がありました。

骨盤を整え、関連する筋肉を緩め、腰椎を調整しました。

初回施術後、痛みとしびれはウソのように感じなくなったそうです。

次回予約をしてお帰りになりましたが、その後も痛みとしびれが再発することはなく、2回の施術で終了しました。

この大阪市鶴見区の方の場合は、病院での検査がレントゲンだったということもあり、本当に椎間板ヘルニアの影響による痛みと痺れだったのかは疑問です。

痛みとしびれは骨盤の歪みと骨盤の関連筋の緊張が原因だったのかもしれないと思っています。

実際に椎間板ヘルニアが存在しても、痛みやしびれを感じない人はたくさんいるそうです。

欧米では健常者(過去に一度も腰痛や坐骨神経痛を経験したことのない人)をMRIで検査すると、6割の方に椎間板のヘルニアや異常が発見されたそうです。

この方の場合も、MRI検査をすればヘルニアが発見されたかもしれませんが、今回の痛みとしびれににはヘルニアは関係なかったかもしれません。

そういえば、15年前は椎間板ヘルニアと診断されて来院される方よりも坐骨神経痛と診断されて来院される方の方が圧倒的に多かったです。

最近はほとんどの方が椎間板ヘルニアと診断されてお越しになります。

15年前はMRIも今ほど普及していなかったので、よほどの激痛でしかMRIを取ることはなかったように思います。

最近はすぐにMRI検査を受けることができるので、ヘルニアが発見されればみな椎間板ヘルニアと診断されます。

MRIの普及が椎間板ヘルニアを増やしているという面もあるかもしれません。

椎間板ヘルニアがたった数回で良くなる理由は、こちらのページをご覧ください


大阪茨木くぼ整体と二人三脚であなたの辛い痛みの完治を目指しましょう!