症例ブログ19

 

大阪茨木くぼ整体は、19年間椎間板ヘルニアの痛みを専門とした整体を行ってきました。

症例をご紹介します。

 

今日が7回目の来院の大阪府茨木市の男性は4か月前に左の腰が痛くなったそうです。

そのうち左脚に痛みとしびれを感じるようになったそうです。

病院では椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

病院の保存療法の治療では埒が明かないと思い、インターネットで調べて当院にお越しになりました。

初回は腰が伸びず杖をついて歩くのもやっとという状態での来院でした。

また、座っていると左のお尻が痛み、立つと左脚に痛みがでて左足裏が痺れるという症状でお困りでした。

当院の椎間板ヘルニア整体は

まず動作での痛みを確認し、次に身体の筋肉の状態や骨格の歪みを確認します。

緊張した筋肉は当院独自の無痛ポジショナル操法で緩めます。

当院の無痛ポジショナル操法は当院独自の整体技法で、痛みのない姿勢を取ってもらい、呼吸を使い脳にアプローチして、緊張した筋肉を瞬時に緩めます。

痛みの直接原因となるトリガーポイントは、手圧操法で緩めます。

当院独自の手圧操法は、筋肉のシコリ(トリガーポイント)に軽い圧を加えて、気エネルギーを通して緩めます。

骨盤や腰椎の歪みを骨動操法で無痛で正します。

当院独自の骨動操法は、脳脊髄液の流れのリズムに合わせて動いている骨の動きを整えることにより歪みを正します。

最後にストレスをリセットします。

当院の椎間板ヘルニアに対する初回整体で痛みは2~3割軽減されたようです。

3回目の施術後は足の痛みはほとんど感じなくなり、座っているときのお尻の痛みは軽減したものの、まだ長時間座ることができないということでした。

4回目の施術後はお尻の痛みも少し感じる程度に減りました。

5回目は杖なしでの来院でした。

6回目の施術後は痛み痺れはほとんど感じなくなったようです。

今日の7回目の施術で、おそらくもう大丈夫だと思います。

当院では、独自の操法で無痛で確実に筋肉を緩め、骨格の歪みを正し、椎間板ヘルニアの痛みを早期に軽減していただきます。

椎間板ヘルニアでお悩みの方は、是非一度当院の整体をお試しいただければと思います。

椎間板ヘルニアがたった数回で良くなる理由は、こちらのページをご覧ください