症例ブログ17(レーザー手術後の再発)

 

大阪茨木くぼ整体は、19年間椎間板ヘルニアの痛みを専門とした整体を行ってきました。

症例をご紹介します。

大阪府枚方市の27歳の男性は椎間板ヘルニアのレーザー手術後の再発でお越しになりました。

10年ほど前から腰痛があり、腰椎5番~仙骨の椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

病院の治療では完治せず、痛みが強くなり4~5年前に椎間板ヘルニアのレーザー手術を受けたそうです。

椎間板ヘルニアのレーザー手術で痛みは緩和したが、完全にはなくならず、半年前からまた強い痛みが再発したらしい。

椎間板ヘルニアのレーザー手術は日帰りも可能のところがあり、利用する方も多いです。

しかし完全に痛みが取れないこともあるし、再発される方も多いです。

当院にはヘルニアのレーザー手術をされた方もよく来られます。

枚方市の男性は下肢の筋肉に緊張があり、前屈動作をすると左脚が震えるという状態でした。

この脚の震えは梨状筋の緊張が原因でした。

立ち仕事のため、辛い症状だったようで、少しでも痛みが軽くならないかと藁をもつかむ気持ちで、インターネットで知った当院にお越しになりました。

まず、椎間板ヘルニアの痛みの改善に必要な要所の筋肉である大腰筋、起立筋、腸腰筋を緩めました。

次に坐骨神経に悪影響を及ぼしている臀部の筋肉を緩めます。

ソフトナ整体で骨盤、腰椎を正し、ストレスを浄化しました。

初回整体から痛み軽減の自覚があり、回を重ねるごとに痛みは緩和されました。

7回目の整体後は椎間板ヘルニアの痛みを完全に感じなくなったと喜んでいただけました。

椎間板ヘルニアの手術後の再発は結構回数がかかることが多いのですが、まずまず順調に推移し、良かったと思います。

椎間板ヘルニアがたった数回で良くなる理由は、こちらのページをご覧ください