大阪茨木市くぼ整体の日々の整体症例日記51

大阪茨木くぼ整体の平成30年6月の整体症例日記51です。

整体症例日記51


6月22日の整体日記 めまいふらつき

大阪市の女性は2年前からのめまいふらつきでお困りでした。

眠っている時以外は、立っていても座っていても横になっていてもふわふわするらしい。

病院では漢方薬と安定剤を貰っているが、効果を感じないということでした。

首のこりも気になるということでした。

頚椎1番2番6番7番に変位がありました。

頭蓋骨を調整し、頚椎を正すとめまいふらつきはあまり感じなくなられたようです。

数回の通院をお願いしました。


6月21日の整体日記 腰痛 坐骨神経痛

大阪摂津市の女性は20年ほど前から腰痛があったそうです。

2か月前からは痛みが強くなってきたそうです。

起き上がるときや立ち続けると痛むということでした。

上体の後屈でも痛みが確認できました。

腰椎2~5番の変位と大腰筋の緊張が確認できました。

施術後は上体の後屈での痛みは感じなくなられたようです。

数回の通院をお勧めしました。

大阪市の男性は10日ほど前に鍼治療を受けたが、その日の晩から左のお尻から脚への痛みが発症。

鍼を受ける時も脚にジーンとした痛みを感じたそうです。

鍼で悪くなったとは思いたくないので、おそらく鍼が発症の引き金を作ったのだと思います。

整形外科のレントゲンでは腰椎5番と仙骨の間の椎間板が薄くなっていると診断されたらしい。

腰椎3~5番の変位と小殿筋に強い緊張がありました。

施術後は少しけいげんされたようです。

しばらくの通院をお願いしました。


6月18日の整体日記 坐骨神経痛

大阪茨木市の男性は3か月前からの坐骨神経痛でした。

病院のレントゲン検査では骨には異常なしと診断されたそうです。

前屈と上体の後ろ反りで右のお尻と膝から下に傷みとしびれを感じます。

腰椎3~5番に変位があり、腰椎5番と仙骨の間にヘルニアの反応がありました。

小殿筋と中殿筋に緊張がありました。

施術後は前屈も後屈も痛みは感じなくなられたようです。

多少の痛みの戻りが予想されるため、数回の通院をお願いしました。

東大阪市の男性は4か月前からの坐骨神経痛でした。

病院のMRIでは腰椎4~5番と5番~仙骨の2か所のヘルニアと診断されたそうです。

腰痛専門を謳う東大阪市の整骨院に6回通ったが全く変わらないということでした。

腰椎3~5番の変位と梨状筋、小殿筋の緊張がありました。

施術後は痛みは軽減されたようです。

数回の通院をお願いしました。


6月16日の整体日記 耳鳴り

茨木市の女性は耳鳴りでのお越しでした。

2か月半ほど前にスマートフォンで突然の大きな音を聞いてから耳鳴りがするようになったそうです。

耳鼻科の検査では正常範囲だが中音域の聴力が少し落ちていると診断されたらしい。

静かなところではファーという音がする。

あくびをするとピッピッピと音が鳴る。

耳に指を入れるとピーっという音がするということでした。

腕から肩や首を緩め、内耳の蝸牛に気のエネルギーを注入しました。

耳に指を入れたときの耳鳴は殆ど聞こえない程度に小さくなったようです。

静かなところでのファーという耳鳴りもしなくなったらしいです。

数回の通院をお願いしました。


6月15日の整体日記 腰椎5番のすべり症の坐骨神経痛

大阪堺市からお越しになった女性は、友人のご紹介でした。

1年前から右足が痺れたり治まったりしていたそうです。

今年の4月からしびれがひどくなり、整形外科のレントゲンでは腰椎5番のすべり症と診断されたそうです。

立ったり歩いたりでしびれ、階段の上りでは右脚が重い。

座っていても痺れのような違和感があるということでした。

左骨盤上方変位で、腰椎4番5番に変位があり腰椎5番と仙骨の間にはヘルニアの反応がありました。

右小殿筋と尾骨筋に緊張がありました。

施術後はしびれは少し軽減されたようです。

しばらくの通院をお願いしました。


6月14日の整体日記 めまい 腕と足の筋力低下

大阪茨木市の女性は去年の3月30日の夜に自宅で突然回転性のめまいに襲われたらしい。

救急車で総合病院に搬送され5日入院したそうです。

原因がわからず、大阪市大病院で検査するも異常は見つからなかったそうです。

去年の3月以来回転性のめまいはないそうですが、常にふらつきがあり、歩行時は杖がないと歩けない状態で、座っていてもふわふわするということでした。

頚椎1番5番6番7番に変位があり、右の三半規管にも反応がありました。

また呼吸が浅いということなので胸郭を広げ呼吸を楽にしました。

施術後は頭のふわふわ感はなくなったようですが、足元がおぼつかない感覚が少し残りました。

数回の通院をお願いしました。

千葉県の女性は去年の5月に両脚が冷えて力が入りにくくなったらしい。

運転中に右足が震えて、それ以来怖くて運転が出来なくなったそうです。

ひとりで外出することも怖くなったそうです。

また右腕にもしびれが出て、力が入りにくくなる。

右目が疲れて、右の顔が痙攣することもある。

右半身と左半身の感覚が違うような気がするらしい。

病院では頸性神経筋症候群と診断され、四国の香川の病院に4か月入院したそうです。

MRIでは頸椎4番と5番に小さなヘルニアがあると言われたらしい。

病院の治療では症状は芳しくなく、今日退院と同時に当院にお越しになりました。

パニック症状やうつ状態の症状もあるためヒーリングメニューで施術しました。

脳の筋力チェックで、中脳の黒質に反応がありました。

中脳の黒質に気のエネルギーを注入すると右腕と右足の力が入りにくい感覚は軽減されたようです。

茨木に1週間滞在されるということなので、数回の施術を行う予定です。


6月9日の整体日記 頚椎4番のヘルニア

京田辺市の男性は7~8年前にも頚椎4番の椎間板ヘルニアと診断され苦しまれた事があったらしい。

その後は首に違和感がでたり治まったりしていたが、2週間前から再発しだんだんひどくなるということでした。

上を向くのが辛く、夜中も痛みで目が覚めるらしい。

頚椎4番、5番、6番、7番に変位があり、頚椎4番~5番と頚椎5番~6番にヘルニアの反応がありました。

肩にはトリガーポイントのシコリがありました。

施術後はしびれや痛みは少し軽減されたようです。

5回を目処に通院をお願いしました。


6月8日の整体日記 腰椎3番~4番の椎間板ヘルニアの筋力低下

京都府向日市の男性はことしの2月から右のお尻と右ひざに痛みが発症。

MRIでは腰椎3番~4番の椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

そのうち右足に力が入りづらくなったそうです。

4月に椎間板ヘルニアの手術を受けたらしい。

手術後にはさらに足が動かなくなり再手術で腰椎3番付近の血腫を取り除いた。

その後筋力低下は少しは回復したらしいが、力が入りにくく、右のお尻や太ももに痛みやツッパリ感がでるというkじょとでした。

骨盤を整え、腰椎3~5番の歪みを正しました。

腰椎3番が大きくずれていました。

施術後は足を上げやすくなられたようです。

数回の通院をお願いしました。


6月7日の整体日記 坐骨神経痛

大阪市東淀川区の男性は10日ほど前に運動中に急に腰に激痛が走り立てなくなったらしい。

病院のMRIではヘルニアは見つからず、坐骨神経痛と診断されたそうです。

前屈でも上体の後ろ反りでも左仙骨に痛みがでて、膝から下に痺れが出るという状態でした。

大腰筋や骨盤の筋肉、脊柱起立筋群を緩め、腰椎3~5番の歪みを正しました。

深く前屈できるようになられました。

数回の通院をお勧めしました。


6月2日の整体日記 椎間板ヘルニア

守口市の男性は3か月前に左の太もも裏に痛みが発症したそうです。

整形外科のMRIでは椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

病院の治療では一向に治まらず、インターネットで調べて当院にお越しになりました。

骨盤の歪み、腰椎3~5番の変位、腰椎5番と仙骨の間にはヘルニアの反応がありました。

大腰筋、小殿筋、梨状筋、尾骨筋に緊張が認められました。

施術後は座っているときや立っているときの痛みは感じなくなり、前屈の痛みも軽減されたようです。

数回の通院をお願いしました。


6月1日の整体日記 会食恐怖症 めまいふらつき 足のしびれ

兵庫県西宮市の男性は会食恐怖でした。

もともと小学校のころから給食が苦手だったそうですが、1年前に知らない人との会食の場で気持ちが悪くなったらしい。

それ以来、人との食事が苦痛になったそうです。

ヒーリングメニューでの施術でした。

過去のトラウマを開放し、ネガティブな感情の浄化を図りました。

数回の通院が必要とお伝えしました。

茨木市の女性はめまいで御困りでした。

3か月ほど前からふらつき感があったそうです。

1週間ほど前の夜中に回転性のめまいがあり吐き気もあったらしい。

その後、ほぼ毎日回転性のめまいを感じるらしい。

脳外科のMRIは異常なし。

耳鼻科では良性発作性頭位めまいと診断されたらしい。

頚椎1番2番に変位があったので正しました。

左三半規管と延髄にも気のエネルギーを入れました。

施術後はじっとしているときのふらつきは感じなくなられたようです。

数回の通院をお願いしました。

高槻市の男性は4月の中旬から腰痛を感じたらしい。

そのうち右の膝から下が痺れるようになり、立ち上がるときには右太もも内側の内転筋にツッパリ感を感じるようになったらしい。

近くの整骨院では埒が明かないということでした。

腰椎2番か3番を疑いました。

腰椎3番4番に変位があり、腰椎3番と4番の間にはヘルニアの反応がありました。

施術後は膝から下の痺れや太もも内側のツッパリ感は感じなくなられたようです。

良い状態を安定させるには数回の通院が必要と申し上げました。