大阪茨木市くぼ整体の日々の整体症例日記47

トップ画像20170509
大阪茨木市くぼ整体のトップページ 過去の整体日記 整体日記32 整体日記33 整体日記34 整体日記35 整体日記36
整体日記37 整体日記38 整体日記39 整体日記40 整体日記41 整体日記42 整体日記43
整体日記44 整体日記45 整体日記46 整体日記47 整体日記48 整体日記49 整体日記50
大阪茨木くぼ整体の平成30年2月の整体症例日記47です。

整体症例日記47


2月25日の整体日記 頚椎ヘルニア 椎間板ヘルニア

京都市の女性は昨年の12月上旬に突然右肩甲骨に痛みが発症。

その後腕にもしびれが発症し、整形外科のレントゲンで頚椎ヘルニアと診断される。

そのころは夜も眠れないほどの痛みだったそうです。

病院で出されたボルタレンとリリカで痛みは治まるが、完治には至らない。

年明けにMRIを撮り、頚椎5~6番と6~7番の二か所のヘルニアと診断される。

今はリリカしか飲んでいないが、上を向いたり、首を右斜め後方へ倒すと肩甲骨に痛みが走り、腕が痺れる。

右手は親指と人差し指と中指が常時痺れている。

骨盤の歪みを整え、痛みの直接原因であるトリガーポイントを緩め、頚椎を矯正し、ストレスをリセットしました。

肩甲骨の痛みと腕の痺れは軽減されたようです。

親指の痺れはなくなり、人差し指の痺れは面積が減ったようです。

4~5回の通院を提案しました。




大阪高槻市の男性は1か月前から腰が痛くなり、その後太ももの付け根も痛むようになったらしい。

病院のMRIでは腰椎5番の椎間板ヘルニアと診断される。

ヘルニアは大きいと言われたそうです。

ロキソニンを処方され、飲むと痛みは緩和されるが完全には無くならず、薬が切れると強い痛みを感じるということでした。

前屈も後屈も痛実が出ます。

座っていると大丈夫だが、立ったり歩いたりが辛いということでした。

骨盤のトリガーポイントを緩めると、太もも付け根の痛みは感じなくなったようです。

ヘルニアの影響の仙骨の痛みは、少し緩和されたようです。

最初は間隔をつめて通院いただくようお願いしました。




2月24日の整体日記 腰痛

大阪茨木市の女性はご主人のご紹介でした。

2か月前から腰に鈍痛があったらしい。

1週間前からは左の腰の痛みが強くなってきたらしい。

腰椎4番と5番に変位がありました。

骨盤と腰椎を整えると痛みは感じなくなられたようです。

この方は左の肩にも痛みを感じておられました。

整形外科では腱板損傷と診断されたそうです。

痛む動作を確認すると、エプロンの紐を結ぶ動作で痛むようでした。

上腕三頭筋の緊張を緩めると、痛みは無くなったようです。

念のため、もう一度通院をお願いしました。




2月23日の整体日記 首から肩甲骨の痛み 股関節痛 頚椎ヘルニア

大阪吹田市の女性は4年前に追突事故に遭い、それ以来左の首や肩甲骨の痛みが治まらないとお困りでした。

追突事故では頸椎捻挫と腰椎捻挫と診断されたらしい。

左鼠蹊部にも痛みがあるということでした。

鼠蹊部(股関節)の痛みは無くなりました。

首の痛みもずいぶん軽減されたようです。

肩甲骨内側に少し痛みが残ったようでした。

悪い方へ戻ることが予想されるので、数回の通院をお願いしました。




大阪枚方市の女性は2年前に左股関節に痛みが発症。

1年前のレントゲン検査では、関節軟骨が無くなってしまっていると診断される。

股関節の屈曲も外転も内旋も可動域が相当悪くなっていました。

施術後は少し楽になっていただけたようですが、重症の股関節痛とはんだんしました。

痛みの軽減はできても完治は難しい旨申し上げました。




大阪堺市からお越しになった男性は去年の11月に首と肩甲骨に痛みが発症。

整体院の施術で一時は治まったが、1月に再発。

整形外科のMRIで頚椎5番と6番の間の椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

病院の牽引や電気治療、鎮痛剤では改善せず、ひどくなる一方だったそうです。

今は、じっとしていても、横になっていても痛むという状態で、上は全く向けない状態でした。

座位での施術を中心に行いました。

施術後は少し楽になり、上を向けるようになられたようです。

5回程度の通院をお願いしました。




2月19日の整体日記 坐骨神経痛 脊柱管狭窄症

大阪府茨木市の男性は去年の11月、ストレッチをしているときに右の太ももに痛みを感じたらしい。

カイロプラクティックに2回通院したが芳しくなかったらしい。

前屈するときや座っているときに痛むという症状でした。

坐骨神経痛の要所の筋肉を緩めて腰椎や骨盤を正しました。

痛みは少しけいげんされたようです。

週に一度の通院をお願いしました。




大阪府吹田市の男性は当院で脊柱管狭窄症の痺れがが5回で解消された方のご紹介でした。

一昨年の12月にゴルフ場で太もも前面に痛みを感じたらしい。

病院の診断は脊柱管狭窄症。

腰椎2番~3番、3番~4番、5番~仙骨の三か所の狭窄と、腰椎5番~仙骨にはヘルニアが確認されたそうです。

歩いた後に痛みが出る。

じっとしていても両方の膝から下が重くだるいということでした。

太もも前面に症状が出ているため、原因は腰椎2番か3番の狭窄と想像しました。

骨盤や腰椎の筋肉を十分緩め、歪みを矯正しました。

施術後は膝から下の重だるさは軽減されたようです。

しばらくの通院をお願いし、次回予約をいただきました。




2月18日の整体日記 自律神経

大阪府大東市の女性は去年の6月にお風呂の中で動悸がして心拍数が上がったそうです。

内科の心電図や検査は異常が無かったが、翌日から頭がふわふわしたり、身体が揺れたりするようになったらしい。

めまい外来では自律神経が原因と診断されたそうです。

最近は薬で起きているときのふらつきは治まっているが、布団に入ると揺れたり、お風呂の湯船の中で体が沈み込むような感じがするということでした。

ヒーリングメニューでの施術を行いました。

ストレスのリセットとトラウマの開放を行いました。

しばらくの通院をお勧めしました。




2月16日の整体日記 頚椎ヘルニアの腕のしびれ

去年の12月中旬に右肩甲骨に痛みが発症し、その後右腕が痺れだしたらしい。

病院のMRI検査では、頚椎5番のヘルニアと診断される。

今は痛みは少しましになってきているが、パソコンに向かったり、自転車に乗ると腕がしびれてくるということでした。

動作確認では、首を右斜め後方に倒すと腕に痺れが出ます。

骨盤の歪みを整え、要所の筋肉を緩め、頚椎を調整し、ストレスをリセットしました。

施術後は首を右斜め後方に倒しても、腕に痺れは出なくなったようです。

数回の通院をお願いしました。




2月15日の整体日記 坐骨神経痛

大阪市住吉区からお越しになった73歳の女性は去年の11月末に左脚に違和感を感じていたらしい。

低周波治療を受けると翌日から左のお尻から太ももへの痛みが強くなる。

整形外科では筋肉疲労と診断され、リハビリに通うも良くならない。

今年の1月末にマッサージをうけたところ、翌日から激痛になる。

別の整形外科のレントゲンでは腰椎4番と5番の間が狭い。

マッサージで腰椎4番の神経根を刺激したための坐骨神経痛では?と言われららしい。

リリカ、セレコックス、ミオナールを服用すると痛みは少し緩和するが、なくなりはしない。

屈む、座るが辛く、食事も座って食べられない状態が続いているということでした。

骨盤が歪み、右脚が1・5センチ短くなっておられました。

骨盤の筋肉に非常に強い硬結がありました。

必要な筋肉を十分緩め、骨盤と腰椎を無痛でソフトに矯正しました。

施術後は痛みは緩和されたようです。

数回の通院をお願いし、次回予約をいただきました。




2月10日の整体日記 椎間板ヘルニア

大阪吹田市からお越しになった男性は去年の9月に腰痛を発症。

その後右のお尻から太ももにも痛みが出て、整形外科や整骨院に通うも良くならず悪化の一途だったらしい。

整形外科でMRIを撮ると腰椎4番と5番の間の椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

大きな病院を紹介され、トラムセットとリリカを処方されるが、一向に改善しない。

医師は「薬は効きますか?聞かなければ手術しますか?」としか言わず途方にくれておられました。

骨盤の歪みと腰椎3~5番の変位、腰椎4~5番のヘルニアの反応を確認し、整体で正しました。

お尻にトリガーポイントがあり、そこを緩めると痛みはずいぶん緩和したようです。

完全改善の可能性が高い旨お伝えし、週に一度の通院をしばらく続けていただくようお願いしました。




2月9日の整体日記 頚椎ヘルニア

大阪市の男性は1週間ほど前から左の首、肩、肩甲骨に痛みが発症したらしい。

マッサージに行ったが良くならず、整形外科のレントゲン検査で頚椎5番~6番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

寝るときは上向きや左を下にすることが出来ず、右を下にした状態しか寝れないということです。

まっすぐ前を向いても痛むようでした。

今のところ上腕に少し筋肉痛のような痛みが出ることはあっても、痺れは発症していない状態でした。

骨盤を整え、斜角筋などの必要な筋肉を緩め、頚椎を正しました。

施術後は少し上を向くことが出来るようになられました。

しばらくの通院をお勧めしました。




2月8日の整体日記 坐骨神経痛 パニック障害

大阪茨木市の男性は1週間前に重いものを持ってから坐骨神経痛が発症。

右のお尻から太ももへの痛みとしびれでした。

座っていると痛くないそうですが、立つと腰を伸ばせない状態でした。

上向きでもうつ伏せでも横向きでも痛みで寝ることが出来ず、行える施術が限られました。

座位の施術を行いました。

施術後はしびれや痛みは軽減されたようです。

数回の通院をお願いしました。




大阪市の男性は去年の7月に高速道路を運転中、頭がふわ~っとして、手が痺れ、肩に力が入って持ち上がったそうです。

その時はサービスエリアで治まったが、その後何度も同じような発作が起こり、車を運転する仕事なので、9月から仕事を休んでいるらしい。

最近は信号待ちや渋滞でソワソワしたりふわふわするようになり、電車も乗れないということでした。

ヒーリングメニューでの施術を行いました。

当院では5~6回の施術で電車や高速道路が大丈夫になる方が多いので、数回の通院をお薦めしました。




2月5日の整体日記 股関節痛

大阪茨木市の女性は20年ほど前に左股関節が痛くなり、その時はカイロプラクティックで治まったらしい。

5年まえに旅行で長く歩き、痛みが再発。

それ以来歩くと痛みが続いていて、最近は靴下が履けない状態都いうことでした。

手術を勧められるので、病院には行かず、整骨院に5回ほど通ったが全然良くならないらしい。

左股関節の可動が悪くなっていましたが、足の長さは短くはなっていませんでした。

股関節の関連筋を緩めました。

脚が軽くなり、靴下も少し履きやすくなられたようです。

数回の通院を提案しました。




2月3日の整体日記 肩甲骨の痛み腕の痺れ

大阪府吹田市からお越しになった男性は去年の暮れに左肩甲骨から左わきに痛みが発症。

整形外科のMRIではヘルニアではないと診断されたらしい。

首の牽引とボルタレンやロキソニンの服用では改善しないということで当院にお越しになりました。

骨盤の歪みや頚椎5番6番7番の変位と左肩に筋硬結が認められました。

施術後は首を動かしたときの痛みは軽減されたようです。

数回の通院を提案しました。




2月2日の整体日記 腕のしびれ 坐骨神経痛

兵庫県西宮市から来られた男性は腕の痺れと握力低下でした。

当院で頚椎ヘルニアが3回で治られた京都市の男性のご紹介でした。

10年ほど前に右肩から右腕がしびれだし、その時はボキボキする整体で治まったが、3年前から再発したそうです。

2年前からは右手の握力が低下していることに気が付いたらしい。(左40、右20)

整形外科の診断は頚椎の変形ということだったらしい。

上を向くとしばらくして上腕に痛みが出てきます。

頚椎は5~7番に変位がありました。

骨盤を正し、必要な筋肉を緩めて頚椎をソフトに矯正しました。

施術後は上を向き続けたときの腕の痛みは感じなくなられました。

握力も少し改善したように思います。

しばらくの通院をお願いしました。




大阪市の女性は以前から右のお尻に痛みを感じていたが日常生活に支障はなかったらしい。

去年の年末に突然痛みが強くなり、正月は寝たきり状態で過ごしたそうです。

何かの拍子に痛みがない状態になったり、ちょっとしたことで激痛がでたりする珍しい症状でした。

骨盤の歪みと腰椎3~5番に変位がありました。特に腰椎5番がひどく、これが原因と判断しました。

施術後の確認は、効果があったのかどうか其の場では判断できませんでした。

あと2回通院いただいて、その後に硬化の有無を判断しましょうと提案しました。




2月1日の整体日記 坐骨神経痛 

大阪市からお越しになった男性は去年の秋に急性腰痛を発症。

腰痛が治まると右のお尻と太ももに坐骨神経痛が出てきたらしい。

椎間板ヘルニアの典型的なパターンですが、整形外科のレントゲンでは骨には異常なしと診断されたらしい。

鎮痛剤が効かず、鍼にも3回ほど通院するも良くならなかったそうです。

年末に少し治まってきたが、年明けから痛みが強くなり、最近は横になっていても痛むということでした。

骨盤の歪みと腰椎の変位、梨状筋と小殿筋に緊張がありました。

施術後は前屈と後屈の角度が改善しました。

数回の通院をお願いしました。



大阪茨木市のくぼ整体トップページ 料金・時間・営業案内 当院の施術
椎間板ヘルニア 大阪のページ 腰痛 大阪のページ 坐骨神経痛 大阪のページ 頚椎ヘルニア 大阪のページ めまいふらつき 大阪のページ
肩こり 茨木市のページ 股関節痛のページ 五十肩のページ 自律神経パニック障害のページ 骨盤矯正のページ