大阪茨木市くぼ整体の日々の整体症例日記45

大阪茨木くぼ整体の2017年12月の整体症例日記45です。

整体症例日記45


12月25日の整体日記 椎間板ヘルニアの坐骨神経痛 頚椎ヘルニアの腕のしびれ

大阪茨木市の男性は2週間前から右足に強い痛みが出て、病院のレントゲン検査では「椎間板ヘルニアに間違いない」と診断されたらしい。

ロキソニンとリリカを服用すると痛みはマシになるが、夜中には薬が切れて痛みで眠れないこともあるらしい。

必要な筋肉(小殿筋)を緩め、骨盤の歪みと腰椎3~5番の変位を正し、ストレスをリセットしました。

薬のせいで痛みはない状態でしたが、膝から下の違和感はなくなったようです。

数回の通院をお願いしました。また、次回は出来ることなら鎮痛剤を飲まずに来てもらうようお願いしました。

大阪市西淀川区の男性は8日前の夜中に突然左腕につるような強い痛みが出たそうです。

病院のレントゲン検査では首の骨が変形しているのが原因と診断されたそうです。

薬指と小指にしびれと若干の筋力低下があるということなので、頚椎7番が原因と予想しました。

必要な筋肉を緩め、骨盤と頚椎を正し、ストレスをリセットしました。

上を向く角度が改善し、常時の腕の痺れも減ったようです。

数回の通院をお願いしました。


12月24日の整体日記 ふわふわめまい 坐骨神経痛

大阪府三島郡の女性は1か月前から首や肩にコリを感じ、歩くとふわふわするようになったらしい。

耳鼻科や内科の診断では異常なし。

耳鼻科で出されためまいの薬も効かないらしい。

病院では埒が明かないと思い、当院にお越しになりました。

頚椎1番5番6番7番に変位がありました。

必要な筋肉を緩め、骨盤や頸椎を正すと、ふわふわするめまいは7割ほど減りました。

本来は、施術後はめまいはゼロになっているはずなのに、3割残るので、ストレスの影響を疑いました。

めまい発症の前には職場でのストレスがあったそうです。

気のヒーリングでそのストレスをリセットすると、ふわふわめまいはゼロになったようです。

ストレスの影響が強かったようです。

数回の通院をお願いしました。

大阪府摂津市の女性は1週間前から左足につったような違和感を感じるということでした。

むくんでいるような違和感も感じるらしい。

座骨神経痛は整骨院では埒が明かないだろうと思い、当院にお越しになりました。

腰椎は全部に変位があり骨盤も歪んでおられました。

骨盤や腰椎を正しストレスをリセットすると、違和感はなくなったようでした。

数回の施術をお勧めしました。


12月21日の整体日記 椎間板ヘルニア めまい

大阪府摂津市の女性は、今年の5月に脚に痛みが発症。

病院のMRI検査では腰椎4番~5番の椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

リリカを服用し3か月後には痛みは無くなったが、その1か月後に再発。

今回は5月の時よりも痛みが強いらしい。

立ち上がるときや、屈むときに痛むということでした。

骨盤の歪みと腰椎4番5番の変位とヘルニアの反応がありました。

小殿筋と梨状筋が強く緊張していました。

要所の筋肉を緩め、骨盤と腰椎を正し、ストレスをリセットしました。

施術後は痛みは緩和されたようです。

数回の通院をお願いしました。

大阪吹田市の女性は6日前からめまいが発症。

耳鼻科や脳外科の検査では異常なし。

病院に入院するも改善しないということでした。

精神的に参っておられるようなので、ヒーリングメニューで施術しました。

頚椎1番と2番に変位がありました。

めまいに対するストレスと、過去にさかのぼったストレスやトラウマを開放しました。

施術後は良い方向での変化があったようです。

数回の通院を提案しました。


12月18日の整体日記 椎間板ヘルニア 頚椎ヘルニア

大阪茨木市の男性は4年前に腰椎椎間板ヘルニアの内視鏡手術を受けたそうです。

その後痛みは無くなっていたが2年後に再発。

その時も内視鏡手術をされたそうです。

今年の11月に2度目の再発。

今回は切開手術を受けられたそうですが、手術後も太もも付け根の痛みが無くならないとお困りでした。

骨盤の歪みが大きく、腰椎4番5番に変位がありました。

施術後は痛みはずいぶん軽くなられたようでした。

しばらくの通院をお願いしました。

大阪府豊中市の男性は2週間前から右首から肩にかけての痛みが発症。

右腕もだるく、しびれて痛む。

整形外科のレントゲンでは頸椎5番とい6番の間が狭くなっており、それが原因と説明されたらしい。

病院で出された痛み止め(リリカ)が全く効かないとお困りでした。

骨盤の歪みはさほどでもなかったのですが、頚椎5~7番に変位があり、頚椎5番と6番の間にはヘルニアの反応がありました。

骨盤を正し、必要な筋肉を緩めた後、頚椎を矯正し、ストレスをリセットしました。

痛みは軽減されたようです。

数回の通院をお勧めしました。


12月17日の整体日記 椎間板ヘルニア

大阪摂津市の男性は6年前から年に2~3回ぎっくり腰を起こしていたそうです。

3か月前にぎっくり腰を起こし、その後急性の腰痛は治まったが、鈍痛と左脚の痺れと痛みが治まらないらしい。

病院のMRIでは腰椎4番~5番と腰椎5番~仙骨の2か所にヘルニアが見つかった。

立ち続けたり、歩くと痛み、靴下を履きづらいということでした。

骨盤の歪みと腰椎3~5番に変位があり、中殿筋と小殿筋に緊張がありました。

施術後は、靴下を履く動作での痛みはずいぶん軽くなった様でした。

しばらくの通院をお願いしました。


12月16日の整体日記 頚椎ヘルニア 腰痛

大阪茨木市の男性は1か月ほど前から右肩甲骨に痛みが発症。

そのうち右手の人差し指が痺れるようになり整形外科へ。

MRIで頚椎5番~6番の椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

病院で牽引と電気治療を受けるが、牽引を受ける時は痛みを強く感じ、病院のリハビリで余計に悪化したような気がするということでした。

このまま病院の治療を続けても埒が明かないと感じ、インターネットで知った当院にお越しになりました。

首を後屈して上を見るのが辛く、肩甲骨の痛みと、腕の痺れと痛み、右手人差し指の常時の痺れという症状でした。

必要な筋肉を緩め、骨盤の歪みと、頚椎5~7番を正しました。

施術後は上を向く角度が大きくなったようです。

数回の通院をお願いしました。

大阪吹田市の女性は2週間前からの腰痛でお困りでした。

日によって痛みが右になったり左になったりするらしい。

痛む場所は仙骨で、前屈ができないので靴下が履けない。

靴を履くのも辛い。

朝起きたときが一番つらいということでした。

骨盤の歪みはさほどでもありませんでしたが、腰椎に変位が確認されました。

施術後は、靴下を履くときの痛みは殆どなくなったようです。

発症から2週間、痛みの大きさがほとんど変わらないというのは、一般的なぎっくり腰ではありません。

あと1~2回の通院をお願いしました。


12月11日の整体日記 頚椎6番の頚椎ヘルニア

京都市の男性は1か月半ほど前から右の肩甲骨が痛み、腕まで痛くなったそうです。

マッサージや鍼に行くが良くならず、整形外科のレントゲンでは頸椎6番と7番の間がつぶれていると言われたそうです。

リリカとボルタレンを服用しているが、あまり効いている気がしないらしい。

座っているのが一番楽で、横になるとどんな寝方でも我慢できない痛みが出るということでした。

横になってもらうことが出来ないので、座った状態での施術でした。

限られたことしかできませんでしたが、痛みはずいぶん軽くなられたようでした。

しばらくの通院をお願いしました。


12月10日の整体日記 20年続く自律神経からのめまいふらつき

大阪堺市からお越しになった女性は20年前からのめまいふらつきでお困りでした。

20年前にパニック発作があり、その後ふらつきがあり、病院では安定剤を処方される。

安定剤を飲んでもふらつきは改善しなかったらしい。

その後貧血がわかり、貧血のせいからのめまいかと思うが、貧血が治った後もめまいふらつきは治まらない。

めまいに対する強い予期不安があり、どこにも行きたくないという生活が続いているということでした。

歩行中は右に引っ張られるようなふらつきがあるらしい。

頚椎は1番と7番に変位がありました。

筋力テストでストレスと過去にさかのぼってトラウマをチェックし、気エネルギーのヒーリングでリセットしました。

施術後での動作確認のふらつきは減ったようでした。

特定の状況に対するネガティブな感情を一つずつ消していかなければならないのですが、20年の積み重ねがあるので少々回数がかかるかもしれませんが、完治されることを目指して精一杯施術いたします。


12月9日の整体日記 坐骨神経痛 パニック障害

大阪茨木市の男性は2か月前から右太ももに違和感があったらしい。

2週間前からは痛みが強くなり、歩き出すとすぐに痛みが強くなり歩けなくなるらしい。

整骨院に5回通ったが全く変化がないということで、当院にお越しになりました。

骨盤の歪みと腰椎4番5番の変位があり、腰椎5番と仙骨の間にはヘルニアの反応がありました。

施術後は痛みの軽減を感じていただけたようです。

数回の通院をおねがいしました。

大阪豊中市の女性はパニック障害でお困りでした。

3年前に初めて電車の中でパニック発作を起こして以来、何度か発作があったらしい。

2週間前にショッピングモールでいても立ってもじっとしていられなくなり、それからは心療内科の薬を飲んでいるということでした。

過去にさかのぼってストレスやトラウマをチェックし、ネガティブな感情を消去しました。

しばらくの通院をお勧めしました。


12月8日の整体日記 頚椎ヘルニアの握力低下 坐骨神経痛

京都市からお越しになった男性は以前から左肩甲骨内側に痺れが出ることがあったらしい。

2週間ぐらい前から急に左手の握力が落ちたそうです。

整形外科のMRIでは頚椎5番~6番の間が神経を圧迫しているのが原因と診断される。

すぐに手術するよりも、まずはリハビリをしてみようということになったらしい。

首の牽引についてはインターネットで調べると、事故が起こることもあると知り、怖くなり、当院にお越しになりました。

頚椎ヘルニアの握力低下の場合痛みやしびれを伴う場合は、痛みや痺れが軽減すると解消する場合が多いですが、痛みや痺れを伴わない場合は頸髄神経を圧迫している可能性があります。

この方の場合は片手の症状で、足にも症状が出ていないので、椎間の圧迫を改善すれば症状も改善する可能性があると判断しました。

施術後は少し力が入るようになられたようなので、通院をお願いしました。

大阪枚方市の男性は1週間前からの坐骨神経痛でした。

右の腰から太ももの痛みで、左太ももも少し痛む。

整骨院に通ったが埒が明かないという。

ラセーグ検査では足が45度しか上がりませんでした。

ヘルニアの疑いがあります。

腰椎5番に変位があり、腰椎5番と仙骨の間にはヘルニアの反応がありました。

施術後はラセーグ法での足の上がりも改善し、痛みも軽減されたようでした。

数回の通院をお願いしました。


12月7日の整体日記 歯の噛みしめ

滋賀県の女性は夜寝ているときの歯の噛みしめがひどく、専門の歯科に通っているが良くならないということでした。

歯の詰め物も割れてしまうらしい。

寝ている間に全身に力が入っているのか、首や肩もコリがひどい。

マウスピースをしているが、マウスピースが歯を傷めてしまうそうです。

何か自分でも気が付かないストレスが原因かもしれないと思い、当院にお越しになりました。

ヒーリングメニューでの施術を行いました。

ストレスやトラウマを確認し、気のヒーリングでリセットしました。

最近は右太もも内側の筋肉が張って痛く、足を広げられないということもおっしゃいました。

施術後は太ももの痛みは軽減されたみたいでした。

数回の通院をお願いしました。


12月2日の整体日記  骨盤調整 坐骨神経痛

大阪市の女性は友人の知り合いからのご紹介でした。

2週間前に出産され、骨盤調整を希望されました。

妊娠前と体重は変わらないのに、ズボンが履けなくなったということでした。

出産で骨盤(腸骨)は広がるので、出産後は帯やベルトなどで骨盤(腸骨)を締める必要がありますが、なかなか閉じきらないこともあります。

当院の気エネルギーを通した独自の操法では数分で骨盤を閉じる事が出来ます。

この女性の場合は骨盤に歪みがあり右足が1センチ短く、腸骨に開きがありました。

ソフトな骨盤調整で骨盤を整え、足の長さを揃えました。

当院では一度揃えた足の長さは二度と狂いません。

腸骨(骨盤)の開きは気エネルギーを通した操法で調整しました。

左右とも腸骨が1センチずつ閉じたことを確認していただきました。

まだ閉じる可能性があるので、あと1~2回の通院をお願いしました。

次回はウエストサイズダウン施術も行います。

大阪守口市の男性は1年前から座っていると右のお尻から太ももに痛みが出るようになったらしい。

病院のMRIでは脊柱管に狭くなっているところがあると診断される。

神経根ブロック注射を4回と硬膜外ブロック注射や仙骨ブロック注射を行うが良くならなかったそうです。

鎮痛剤も効かず、地元の整骨院の自費治療を3回受けるが効果を感じないということでした。

腰椎4番5番に変位があり小殿筋に強い緊張がありました。

小殿筋がトリガーポイントのようでした。

骨盤や腰椎を正し、小殿筋を緩め、ストレスをリセットしました。

靴下を履く動作での痛みは軽減したようでした。

数回の通院をお願いしました。