大阪茨木市くぼ整体の日々の整体症例日記44

大阪茨木くぼ整体の2017年11月の整体症例日記44です。

整体症例日記44


11月30日の整体日記 ふわふわめまい

大阪吹田市からお越しになった女性は2か月ほど前からふわふわするめまいと耳鳴が発症。

耳鼻科では低音の聴力がさがっているということで、1週間ステロイドを服用。

聴力は元に戻ったが、ふわふわするめまいが治まらないということでした。

めまいに対するストレスからか、夜も眠れなくなり、睡眠導入剤を服用している。

また、安定剤を飲むとめまいが軽減するということでした。

過去に電車の中でパニック障害の発作を起こしたこともあり、今でも電車は息苦しくなるということなので、ヒーリングメニューでの施術を行いました。

頚椎1番に変位があり、これを正すと動作確認でのふわふわめまいはなくなりました。

過去にさかのぼったストレスやトラウマを筋肉テストでチェックし、高次元ヒーリングでリセットしました。

めまいの戻りも予想されるので、数回の通院をお願いしました。


11月27日の整体日記 腰痛

大阪茨木市の男性は2週間前にぎっくり腰になったらしい。

右腰部から右お尻の痛みなので、ぎっくり腰ではなくヘルニアだったのかもしれません。

4日ほどで動けるようになり、その時の痛みは徐々に治まったそうですが、左右の腰背部の張りや違和感がとれないということでした。

上体を前屈する角度も元に戻らない。

骨盤の歪みと腰椎3番4番5番の変位を確認しました。

ストレスも溜めておられたようです。

施術後は腰背部の張りや違和感はなくなり、前屈の角度も改善しました。

もう大丈夫かもしれませんが、念のためもう一度お越しいただくようお願いしました。


11月26日の整体日記 股関節痛 五十肩

大阪茨木市の女性は以前から左股関節に痛みや違和感があったそうです。

2週間前からは右の股関節に痛みが発症。

右ひざまで痛くなる。

階段を降りるには手すりにつかまらないと転倒しそうで怖いということでした。

左右の股関節の可動が悪くなっていましたが、骨盤をそろえると足の長さはそろったので、関節の変形はそれほどでもないようでした。

中殿筋や大腰筋などの股関節関連筋を緩め、骨盤と股関節を調整すると右股関節の可動域は増えました。

左は少しの改善で、股関節は左の方が悪いようでした。

施術後は手すりなしで階段を下りることができそうな様子でした。

数回の通院をお願いしました。

茨木市の女性は6月に左肩が痛くなり腕が上がらなくなったらしい。

病院の診断は五十肩。

週に1~2度病院のリハビリを受けているが良くならないということで、お越しになりました。

病院のリハビリはストレッチ中心らしいですが、緊張して萎縮した筋肉をストレッチで引っ張っても緩んだり伸びたりしてはくれません。

痛いので、余計に筋肉は縮もうとします。

当院では五十肩の関連筋を高次元操法で緩めます。

この方も施術後は腕の上がる角度が改善されました。

「発症から5か月経っているので、完全に上がるようになるには相当な回数がかかりますが、そこそこ上がるようになれば良いなら数回で改善します」と申し上げ、数回の通院を提案しました。


11月25日の整体日記 腰痛 頚椎ヘルニア

大阪茨木市の男性は3年前からの腰痛でした。

10分ほど歩いたり立ち続けたりすると右の腰部が痛くなるらしい。

最近は右の股関節(鼠蹊部)付近にも痛みが出るということでした。

痛み場所がベルトより上の腰部であるということや、鼠蹊部に痛みが出るということなので、腰椎4番や5番が原因ではなく、腰椎2番や3番が原因である可能性が高いと思いました。

骨盤に歪みがあり腰椎は2番3番4番5番に変位がありました。

10分ほどたち続けないと痛みが出てこないので、施術後にこの場で効果を確認することはできませんでした。

立ち続けたり歩き続けていると痛くなる症状は、ご自分での効果の確認もしづらいので、あと2回は通院されることをお薦めしました。

京都市からお越しになった女性は8月から右手の指先がしびれだし、病院のMRIでは頸椎6番~7番のヘルニアと診断されたらしい。

病院の牽引などのリハビリでしびれは治まったが、肩甲骨の痛みと脇の下、右ひじの痛みが完治しないということでした。

首の後屈や右への側屈で痛みが発症します。

骨盤の歪みと、肩甲拳筋と中斜角筋に緊張があり、頚椎1番、2番、5番、6番、7番に変位がありました。

必要な筋肉を緩めて骨盤や頸椎を正しストレスをリセットしました。

施術後は痛みは殆ど感じなくなられたようです。

戻りがあることも多いので数回の通院をお勧めしました。


11月19日の整体日記 脊柱管狭窄症

大阪高槻市の71歳の男性はずいぶん前から腰痛にお悩みだったそうです。

5年前にMRIを撮った時は、腰椎に脊柱管の狭窄があると診断される。

1か月前から左右のお尻から太ももにかけて痛みが発症。

病院のレントゲンでは骨に変形があり、脊柱管狭窄症の坐骨神経痛だろうと診断されたそうです。

腰を伸ばすと痛みが出るので、海老のように腰を曲げての来院でした。

骨盤に歪みがあり、腰椎は1番から5番まですべて変位。

仙骨神経が原因の症状と判断しました。

施術後は腰を伸ばしたときの痛みは軽減されたようです。

5~6回の通院をお願いしました。


11月18日の整体日記 坐骨神経痛

大阪市の男性はことしの3月に右の太ももから足裏への痺れと痛みが発症。

整形外科のレントゲンでは腰のカーブ(前弯)が弱いと言われ、2か月ほどリハビリに通うが良くならなかったらしい。

その後は5月から11月まで週に一度整骨院でカイロプラクティックのような施術を受けるが痛みに変化なし。

ネットで調べ、当院にお越しになりました。

骨盤の歪みと腰椎3番4番5番に変異があり、腰椎5番~仙骨の椎間板にヘルニアの反応がありました。

ラセーグテストでもヘルニアの疑いが濃厚でした。

要所の筋肉を緩め、骨盤や腰椎を正しました。

施術後は前屈の角度が少し改善されました。

しばらく通院されることをお薦めしました。


11月17日の整体日記 坐骨神経痛

大阪吹田市の女性は8月に出産し、それ以来骨盤が痛くなる。

整骨院に通うも良くならず、10月からは両方のお尻や両足の太ももに痛みを感じるようになったそうです。

整形外科のレントゲン検査では骨には異常なし。

おそらく椎間板ヘルニアの坐骨神経痛?と診断されたそうです。

整骨院では骨盤の歪みが原因と言われるが、10回以上通ってもよくならないらしい。

動作確認では、右足を上げると太ももに張りと痛みを感じ、上体を後ろに反らすと仙骨に痛みが出ます。

右足が1・5センチ短くなっていて、骨盤が歪んでいました。

腰椎は4番と5番に変位があり、仙骨は2~4番に変位がありました。

特に仙骨3番は後方変位が大きく、軽く触るだけでも圧痛がありました。

骨盤(特に仙骨)や腰椎を正し、痛みのストレスや育児のストレスをリセットしました。

施術後は右足を上げても太ももの張りや痛みはなくなり、上体を後ろにそらしたときの仙骨の痛みもなくなったようです。

仰向けに寝ても大腰筋の張りもなくなりました。

数回の施術での完治の可能性があると申し上げ、次回予約をいただきました。

大阪茨木市の女性は20年前に右足がだるくなり病院で坐骨神経痛と診断されたらしい。

その後は痛みを感じたり、治まったりを繰り返していたそうです。

去年の6月に出産をしてからは、ずっと腰痛を感じ、右脚にもにぶい痛みがあったそうです。

最近は症状が強くなり、右の太ももから足裏までだるい痛みが続く。

靴下を履く動作や前屈で仙骨に痛みが出る。

肩こりもひどくなり、ふらつきを感じることが良くあるということでした。

骨盤の歪みと腰椎3~5番に変位があり腰椎5番~仙骨の間の椎間板にヘルニアの反応がありました。

施術後は靴下を履く動作が楽になられました。

数回の通院をお願いしました。


11月13日の整体日記 椎間板ヘルニア? 腰痛

大阪府茨木市の男性は7月から腰に痛みが出て、だんだん強くなるので9月に病院に行ったそうです。

レントゲンでは異常が無く、牽引とマッサージを受けたそうですが、その日の夜から激痛になったらしい。

別の病院でMRIを撮ると、ヘルニアは見つからず、強い痛みが出るはずがないと言われたそうです。

痛みは減らず、朝はマシでも、夜は足が伸ばせないほどの強い痛みになるということでした。

ペインクリニックでブロック注射を受けているが芳しくなく、ネットで見つけた当院にお越しになりました。

骨盤の歪みと、小殿筋と大腿二頭筋の緊張、腰椎3~5番の変位がありました。

ヘルニアの反応はありませんでした。

施術後は、前屈する角度がずいぶん改善されました。

数回の通院をお願いしました。

病院ではヘルニアが見つからないと、強い痛みが出るはずがないと言いますが、ヘルニアが無くても腰痛や坐骨神経痛が発症することはありますし、ヘルニアがあっても、全く痛みがない方も沢山おられます。

京都府宇治市の女性は去年の夏から腰に痛みが出たそうです。

整形外科のレントゲンでは異常なしと診断される。

整形外科のレントゲンでは、骨しか映らず、骨が欠けていたり、骨と骨の間が狭くなっていたりすればヘルニアを疑ったりしますが、骨の歪みや筋肉の状態は重視してくれません。

整形外科のリハビリや整骨院に通ったりしても一向に良くならない。

毎朝、腰の痛みで目が覚めるそうです。

10月に職場の近くの整骨院に行って、痛みが悪化したそうです。

当院で、どこへ行っても治らなかった腰痛が4回で治った学生時代の友人に紹介されお越しになりました。

骨盤の歪みと骨盤まわりの筋肉に緊張があり、腰椎3~5番に変位がありました。

大腰筋の緊張もありました。

要所の筋肉を緩め、骨盤と腰椎を正し、ストレスをリセットしました。

大きく状態を後ろに反らすことが出来るようになり、痛みは相当軽減されたようです。

数回の通院をお願いし、次回予約をいただきました。


11月12日の整体日記 腰痛 頚椎ヘルニアの筋力低下

大阪府寝屋川市の女性は2日前の午後に急に腰に激痛が発症。

伝え歩きがやっとという状態だったが、鍼に行って歩くのは少しましになったらしい。

ご主人の友人からのご紹介でのお越しでした。

過去に病院でヘルニアの疑いと診断され、痛み場所が右寄りの仙骨なので椎間板ヘルニアを疑いました。

上体の前かがみは全くできない状態で、座った状態でも前屈ができず靴下が履けないじょうたいでした。

骨盤が歪み右足が短くなっていました。

腰椎は2番、3番、4番、5番に変位があり、腰椎4番~5番の椎間板にヘルニアの反応がありました。

骨盤調整と腰椎を正し、ストレスをリセットしました。

施術後は靴下を履くのも立位の前屈も、痛みは殆ど感じなくなったようですが、少し違和感が残ったようです。

違和感が残る様であれば再来院の必要がある旨申し上げました。

ヘルニアのばあい最初の腰痛は10日~2週間ほどでなくなりますが、その後坐骨神経痛が発症します。

座骨神経痛はしつこいので、腰痛の段階で改善しておくのが良いと思います。

また、違和感が残っていると再発の可能性があるので、完全にとってしまうことが重要です。

大阪府豊能郡からお越しになった男性は10年前に頚椎椎間板ヘルニアと診断される。

病院の牽引治療を続け、その時は治まったそうです。

その後も定期的に牽引治療を続けていたらしいが、2か月前から両手の指先が痺れるようになる。

1か月前からは左手に力が入らなくなる。

首を上に向けると上腕に痛みが走る。

左手の動きが悪いので、頸髄の圧迫かと心配しました。

頚椎4番~7番に変位があり、頚椎4~5番と5~6番にヘルニアの反応がありました。

施術後は左手親指と人差し指の動きはあまり変化がなかったようですが、薬指から小指までの三本は動きが回復しました。

腕の痛みの首の可動域も増えました。

しばらくの通院をお願いしました。


11月11日の整体日記 首の痛み 左腕のしびれ 座り続けるとと腰痛

大阪茨木市の女性は2年前にタオルを使った首の運動をして以来、首に痛みを感じるようになったそうです。

それ以来肩の筋肉も強くこるようになり、一日中違和感があるということでした。

頚椎1番、5~7番、胸椎1~2番に変位がありました。

骨盤を正して、首や肩の筋肉を緩め、頚椎を調整し、ストレスをリセットしました。

施術後はずいぶん楽になられたようです。

1週間後の再来院をお願いしました。

大阪府大東市の女性はパソコン作業をすると左腕がしびれるということでした。

パソコンに向かうと腕がしびれるということは、首を上に向けてもしびれが出ます。

パソコン作業というのは少し上を向く感じになるからです。

ご本人は上を向くと腕が痺れるということには気づいておられませんでしたが、確認していただきました。

頚椎1番、5~7番に変位がありました。

この方はぎっくり腰も頻繁に起こるということなので、腰椎も調整しました。

骨盤を正し、頚椎と腰椎を調整し、ストレスをリセットしました。

施術後は腕の痺れは殆ど感じなくなったようです。

数回の通院をお勧めしました。

東大阪市の女性はパソコンなどに向かって1時間座っていると、腰が痛くなり座り続けられなくなるということでした。

また、肩こりもあり、左肩に痛みがあるということでした。

骨盤に狂いがあり足の長さが違っていました。

腰は腰椎3番、4番、5番に変位があり、腰椎3番が原因のようでした。

頚椎は1番が大きく変位しており、7番にも変位がありました。

骨盤を整え、腰部と首肩の必要な筋肉を緩め、腰椎頚椎を調整し、ストレスをリセットしました。

施術後は肩の痛みはなくなり楽になったそうです。

腰に関しては、ここで1時間座ってもらうわけにはいかないので、様子を見てもらうことになりました。

完治には数回の通院をお勧めしました。


11月10日の整体日記 自律神経

滋賀県彦根市からお越しになった女性は5~6年前からのふらつきや首の違和感でした。

人混みなどでふらつきが起こり、ふらつきに対する予期不安もあるらしい。

不眠の症状もあり、心療内科で自律神経が原因と診断されたらしい。

頚椎は1番に変位があり、ふらつきの肉体的な原因は首のように思いました。

過去にさかのぼったストレスやトラウマを筋力テストでチェックし、高次元波動ヒーリングを行いました。

数回の通院をお願いしました。


11月9日の整体日記 ふわふわするめまい

大阪高槻市の男性は10月31日の朝、突然回転性のめまいに襲われたらしい。

病院に行くと、一日入院を勧められ点滴を受けたそうです。

回転性のめまいはそれ以後起こっていないが、ふわふわするめまいがずっと続くとお困りでした。

耳鼻科では「メニエールかもしれない」と診断されたらしい。

首や肩のコリがひどく、頚椎1番、5~7番に変位がありました。

ふわふわめまいの原因は頚椎1番や2番であることが多いです。

骨盤の歪みを正し、首や肩の筋肉を緩め、頚椎を調整しました。

施術後は動作確認でのふわふわするめまいはなくなりました。

頚椎が悪い方へ戻るとともにめまいも再発することが多いので、あと1~2回の通院をお勧めしました。


11月6日の整体日記 腕と手のしびれ

大阪市の女性は友人のご紹介での来院でした。

今年の1月から右腕に痺れが発症。

整形外科のレントゲン検査では頸椎5番~6番の間が狭い頚椎神経根症と診断されたそうです。

頚椎5番~6番の間が狭いということは、MRIを撮れば頚椎ヘルニアと診断されたかもしれません。

その後10か月間牽引に通ったが良くならないということでした。

牽引をしてから右手親指の指先の感覚がなくなったともおっしゃいました。

腕は常時痺れているが、首を右に回したり上を向いたりするとしびれが強くなる。

骨盤が歪み、腰椎も歪んでいました。

頚椎は5番が大きく変位していました。

骨盤を整え、要所の筋肉を緩め、頚椎を正し、ストレスをリセットしました。

施術後はしびれは殆どなくなったようでした。

右手親指の知覚麻痺も改善し、感覚が戻ったようです。

完治には数回の通院が必要と申し上げました。


11月5日の整体日記 坐骨神経痛 首の痛みと腰痛

大阪吹田市の男性は6月に激しい運動をした後、膝が痛くなったらしい。

8月には膝の痛みはなくなったが、お尻に痛みが出るようになる。

お尻の痛みが治まると、左足首に痛みが発症。動かすと痛むらしい。

左ひざ裏にも違和感がある。

病院ではレントゲンで腰に異常はない。MRIで膝にも異常はないと診断され、坐骨神経痛だろうと言われたらしい。

また、上向きに寝ると左のお尻に痛みがで。

足首を動かすと痛むという症状は坐骨神経痛ではないのでは?と思い施術しました。

左骨盤に変位があり、腰椎3~5番にも変位がありました。

足首の痛みは膝への高次元操法でほとんどなくなりました。

骨盤と腰の調整で、上向きに寝たときのお尻の痛みと膝の違和感もなくなったようです。

完治まで数回の通院をお願いしました。

京都府八幡市からお越しになった女性は2年前に追突事故に遭い、むち打ちと診断されたらしい。

頚椎のレントゲンは異常が無かったが、それ以来左の首と肩甲骨に痛みがある。

酷い時は左腕にも痛みが出るらしい。

2年間、痛みの完全になくなった時はないということでした。

同時期から腰痛も発症し、上向きに寝ることが出来ない。

病院のレントゲンでは腰椎5番と仙骨の間の椎間板が無くなっていると診断されたそうです。

骨盤の歪みと腰椎3~5番と頚椎5~7番の変位がありました。

施術後は、首の痛みも腰の痛みも相当軽減されたようです。

完治まで数回の通院をお勧めしました。


11月4日の整体日記 身体の揺れ つま先立ちが出来ない

滋賀県大津市からお見えになった女性は17年前からの身体の揺れにお困りでした。

最初は夕方だけ体が揺れる感覚があったのが、だんだんひどくなり、今では一日中揺れているらしい。

最近では座っていても揺れている感覚があるということでした。

内科、耳鼻科、整形外科、心療内科、漢方外来などを転々としたがどこも異常が見つからないということでした。

一日中揺れで緊張するためか、腰と背中も痛む。

頚椎1番、2番、4番、7番に歪みがあり、特に頚椎1番は大きく変位していました。

揺れに対するストレスをリセットし、骨盤や頸椎を正すと、揺れはずいぶん小さくなったようでした。

当院の施術で揺れが減ったということは、頚椎1番の変位が原因だった可能性が高いと思います。

17年間続いている症状なので、脳の誤作動も考えられるので、しばらく通院していただくことを提案しました。

富山県という遠方からお越しになった男性は、今年の1月に坐骨神経痛が発症。

トリガーポイント注射で痛みはなくなったが、今年の8月から右足に力が入りにくくなったらしい。

左のつま先を反る(上げる)力が右よりも弱く、つま先立ちは左足だけでは全くできない状態でした。

おそらく椎間板ヘルニアの影響だろうと思いました。

骨盤に歪みがあり、腰椎4番5番の変位と、腰椎5番と仙骨の間の椎間板にヘルニアの反応がありました。

骨盤と腰椎を整え、腓腹筋を緩め、臀部のポイントを高次元操法で緩めました。

施術後は、つま先を反る(上げる)力はずいぶん戻りました。

つま先立ちの筋力はは少しだけ改善したようです。

つま先立ちが出来ないという筋力低下は痛みや痺れに比べると回数がかかることが多いです。

その旨申し上げましたが、遠方にも関わらず次回予約をいただきました。

精一杯施術させていただきます。