大阪茨木市くぼ整体の日々の整体症例日記41

大阪茨木くぼ整体の2017年8月の整体症例日記41です。

整体症例日記41


8月31日の整体日記 坐骨神経痛

和歌山県田辺市という遠方からお越しになった女性は坐骨神経痛でお困りでした。

去年の8月に左のお尻から足までの痛みが発症し、地元の整体に通うが、痛みは多少軽減したものの完治しなかったらしい。

今年の8月の初めに強い痛みが再発し、同じ整体院に行ったが余計に痛みが強くなったらしい。

去年撮ったMRIではヘルニアではないと診断され、梨状筋症候群と言われたそうです。

腰の前屈や後屈や寝返りで痛むほか、座っていても立っていても歩いても痛むということでした。

骨盤の歪みと腰椎の変位が確認できました。

仙腸関節の動きを改善し、腰椎を正し、ストレスをリセットしました。

施術後は痛みはずいぶん減ったようです。

数回の通院をお勧めしました。

大阪茨木市の女性は1か月前からの右のお尻から足先までの坐骨神経痛でした。

ご主人のご紹介でした。

病院のレントゲン検査では腰椎5番と仙骨の間が狭いという診断だったようです。

座った状態から立ち上がると脚が痺れて力が入らないとお困りでした。

立位での腰の前屈や後屈では痛みや痺れは確認できませんでしたが、座位での腰の前屈や後屈で痛みが確認できました。

右の骨盤がずれていて、腰椎3~5番の変位がありました。

仙腸関節を調整し腰椎を矯正しストレスをリセットすると、座位の前屈や後屈の痛みはなくなったようです。

数回の通院をお願いしました。


8月27日の整体日記 心因性めまい

大阪高槻市の男性はフワフワするめまいで仕事を休職中でした。

5年前からふわふわする浮動性めまいがあったが、心療内科のリーゼでごまかしていたそうです。

今年の4月にふわふわめまいがひどくなり、病院では心因性めまいと診断される。

漢方薬と抗不安薬で治まっていたが、8月から症状が再発しひどくなり、会社を休職。

横になっている以外は常にふわふわするという状態でした。

ヒーリングメニューで施術しました。

現在のストレスと過去にさかのぼったトラウマを筋力テストでチェックし、高次元エネルギーのヒーリングでリセットしました。

頚椎は1番2番7番に変位が認められたので調整しました。

左側頭骨の動きが悪いので調整。

左三半規管にエネルギー低下を感じたので高次元エネルギーを注入しました。

施術後は、座っているときのフワフワするめまいは軽減されたようです。

しばらくの通院をお薦めしました。


8月25日の整体日記 右腰から右足の痛み 肩の痛みと腕のしびれ

兵庫県川西市の男性は奥様のご友人のご紹介でした。

2週間ほど前に体をひねった時に右腰から右足まで痛みが走り、そのうち脛の感覚がなくなったらしい。

他の整体に通うもあまり芳しくないので当院に来られました。

骨盤や腰椎3~5番、頚椎1番、5~7番を整えました。

ストレスやネガティブなエネルギーの影響があったので解消しました。

施術後は痛みは殆どなくなったようです。

数回の通院をお願いしました。

四条畷市の男性は1週間前からの右足の坐骨神経痛でした。

痛みで夜も眠れないということでした。

病院は行かれてませんでしたが、病院で検査すれば椎間板ヘルニアと診断される可能性が高いと思います。

骨盤と腰椎3~5番のズレを正し、小殿筋の緊張を緩めました。

施術後は痛みは大幅に軽減されたようです。

数回の施術の必要を申し上げました。

大阪吹田市からお越しになった男性は2か月前からの右のお尻から膝までの痛み(坐骨神経痛)でした。

立ち上がるときや歩行時に痛むということでした。

この方、23年前に腰椎すべり症の手術で腰椎5番をプレートで固定しているらしい。

固定手術をしておられる方は施術での改善が見込めないこともありますが、この方の場合施術後は痛みがずいぶん軽減されたようです。

通院を続けることを提案しました。


8月21日の整体日記 椎間板ヘルニアの坐骨神経痛

兵庫県加古川市からお越しになった男性は椎間板ヘルニアの坐骨神経痛でした。

6月から左の足の付け根が痛くなり、病院のMRIでは腰椎5番~仙骨の椎間板ヘルニアと診断される。

リリカやトラムセットを服用するも一向に治まらず、ペインクリニックで神経根ブロック注射を受けたらしい。

ブロック注射を受けた翌日には立てなくなるほどの激痛になったそうです。

打ち所が悪かったんでしょう。

鍼や整体などいろいろ通院し、歩けるようにはなったものの、芳しくなく、当院にお越しになりました。

ブロック注射も一つ間違うと怖いですね。

骨盤や腰椎の歪みを正し、骨盤の筋肉(小殿筋、梨状筋)を緩めると、痛みや痺れは軽減されたようです。

数回の通院をお願いしました。


8月20日の整体日記 産後の不調

大阪茨木市の女性は半年前の出産後から腰が安定しない感じがあり、両脚が重くだるいという症状でお困りでした。

左の首も常に痛いということでした。

おそらく骨盤からくる症状だと感じました。

左仙腸関節にずれがあり、骨盤が開き気味でした。

仙腸関節を正し、高次元操法で骨盤を閉じました。

骨盤は左右1chずつ閉じましたが、もう少し閉じる事が出来ると思います。

頚椎1、2、6、7番のズレを正し、内臓に溜まったストレスを浄化しました。

首の痛みと脚の重だるさはなくなったようです。

あと1~2回の通院をお願いしました。

自宅で自分で出来る運動として、ゴムチューブを使った運動や、ストレッチポールを使った運動をお勧めしました。


8月19日の整体日記 パニック障害 股関節痛

大阪豊中市の女性は13年前に橋の上を運転しているときに急に冷や汗がでて、逃げ出したくなったらしい。

それ以来高速道路やトンネル、渋滞などで緊張して手に汗をかき怖い思いをするということでした。

また5年前にレストランで血の気が引き、吐いてしまい、倒れてしまって以来外食が苦手になったということでした。

ヒーリングメニューでの施術でした。

過去のできごとのネガティブな感情を除去し、ストレスをリセットしました。

数回の通院をお勧めしました。

大阪茨木市の女性は、もともと左右の股関節が先天性臼蓋不全と言われていたらしい。

10年前に出産して以来、左右の太ももに違和感が発症し、だんだん痛みに変わり、最近はしゃがんだ状態から立ち上がるときは腕で支えないと立ち上がれないほど痛むということでした。

病院では、「そろそろ手術を考えては?」と言われているそうです。

股関節の可動域は相当悪くなっておられました。

可動域から見て、痛みを取る(軽減する)のが精いっぱいであることをお伝えし、しばらくの通院をお勧めしました。


8月17日の整体日記 坐骨神経痛 椎間板ヘルニア

大阪摂津市の高校生の男性は1か月前から座っていると左脚が痺れるようになったらしい。

病院ではMRIを撮り、腰椎5番の椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

動作確認では前に屈むと左脚に痛みが発症。

骨盤が歪み、左足が1.5センチ短くなっていました。

骨盤を整え、腰椎3~5番の変位を正し、中殿筋と小殿筋の緊張を緩めました。

施術後は前に屈んだ時の痛みは感じなくなったようです。

数回の通院を提案しました。

奈良県からお越しになった女性は左坐骨神経痛でお困りでした。

6年前に右股関節の手術をし、4年前には腰椎椎間板ヘルニアの手術をしたらしい。

軽い坐骨神経痛がずっとあったが、最近痛みが強くなってきたということでした。

骨盤の歪みと腰椎3~5番の変位や骨盤の筋肉の緊張を正しました。

寝返りを打ったり、起き上がるときの痛みは緩和したようです。

手術の影響も考えられるため、2~3日様子を見て、改善が感じられるなら通院されるようお願いしました。


8月10日の整体日記 腰痛

茨木市の女性は半年ほど前からの腰痛で、病院では腰椎すべり症と診断されたそうです。

上体を後ろに反らすと痛く、立っているとだんだんと腰が曲がってくるという症状でした。

骨盤は右がずれていて、腰椎は3~5番に変位がありました。

大腰筋が強く緊張していました。

施術後は状態を後ろに反らしても痛みは出なくなり、立っているのもずいぶん楽になられたようです。

数回の通院をお願いしました。


8月5日の整体日記 パニック障害

大阪市の男性は2年前の夜混んでいる店で外食中に、突然周りの人の声が大音量で聞こえるようになり、強い恐怖感を感じたそうです。

すぐに自宅に帰ったが、動悸がして息が出来なくなったらしい。

それ以後夜になると不安感に襲われるようになり、過呼吸発作もしばしばあったそうです。

何か月も続くので心療内科にを受診するとパニック障害と診断されたらしい。

薬もあまり効かず、最近は電車に乗れない、高速道路を運転できない、人混みが辛い、人が横に座ると過度に緊張するという症状でお困りでした。

鍼やカイロプラクティックに通っても良くならないということでした。

パニック障害はネガティブな感情(ストレスやトラウマ)が原因なので、身体だけを調整しても改善はしません。

筋力テストで過去にさかのぼったトラウマやストレスを確認し、高次元波動ヒーリングでリセットしました。

ヒーリングの後は気持ちがずいぶん楽になられたようです。

数回の通院をお願いしました。


8月4日の整体日記 頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛み 股関節痛

兵庫県西宮市の女性は3か月前に突然左肩甲骨内側に痛みが発症。

整形外科のMRI検査で頚椎ヘルニア(軽度)と診断される。

牽引とウォーターベッドと鎮痛剤で、3週間ほどで治まったらしい。

10日前から肩甲骨の痛みが再発。

今回は左上腕にも鈍痛が発症したそうです。

リリカを服用するがあまり効果を感じられないということでした。

左腸骨上方変位で左足が1.5センチ短くなっていました。

頚椎は1番、5番、6番、7番、胸椎は2番に変位がありました。

施術後は肩甲骨の痛みや腕の鈍痛は小さくなられたようです。

数回の通院での完全改善を期待します。

大阪府池田市の女性は2か月前から左股関節に痛みを感じるようになったらしい。

最近は歩くとカクカク音がするということでのご来院でした。

骨盤は右が上がっていましたが、脚は左足が短くなっていました。

股関節の関節軟骨の摩耗も考えられるので、一度整形外科のレントゲン検査を受けられるようお勧めしました。

股関節関連の筋肉を緩めると、股関節の外転や屈曲は完全とはいえないものの改善しました。

しばらく通院いただくようにお願いし、自分で出来る運動をご紹介させていただきました。


8月3日の整体日記 手の指のしびれ

大阪吹田市の女性は3年半前に首から左腕の痺れ痛みと左手の指の痺れで、頚椎椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

トリガーポイントへ鍼を行う治療で半年ほどで治まったらしい。

その後は大丈夫だったが、1か月ほど前からまた左手の指がしびれだし、前腕にも違和感が出てきたらしい。

首と肩が強く凝るということでした。

右骨盤に狂いがあり、頚椎は5~7番にずれがありました。

手指の関節にも歪みがありました。

施術後は首や肩が楽になり、手指の痺れも感じなくなられたようです。

良い状態を安定させるため、あと1~2回の通院をお願いしました。