大阪茨木市くぼ整体の日々の整体症例日記40

大阪茨木くぼ整体の2017年7月の整体症例日記40です。

整体症例日記40


7月29日の整体日記 五十肩 坐骨神経痛

大阪市の女性は1か月前から左腕を上げると肩が痛むという症状でした。

五十肩のようでした。

上腕三頭筋や大円筋、肩甲下筋などの関連筋を緩めると腕は真上まで上がるようになりました。

違和感が残る様であればおたお越しくださいと申し上げました。

五十肩の場合は、症状が軽いうちであれば1回で完治することも多いです。

放っておくとだんだんひどくなり、回数がかかることになります。

早めに整体施術を受けることが重要です。

大阪吹田市の女性は6年前に運動で腰を痛め、それ以来時々腰痛があったそうです。

3年前に出産した後から腰痛がひどくなり、今は腰から右足まで痛みがあり、病院のMRIではヘルニアではない坐骨神経痛と診断されたそうです。

病院のリハビリにも通ったが良くならず、近くの整体で骨盤矯正を受けるも改善しないということでした。

施術前の動作確認では、前屈では痛みで手が床に着かない、上体を後ろに反らしても腰から太ももまで痛みが出るという状態でした。

骨盤が歪み腰椎もずれていました。ストレスもお持ちでした。

施術後は前屈でも状態の後屈でも痛みはなくなったようです。

前屈では掌が床に着くまで可動が改善しました。

戻りも考えられるのと、良い状態を安定させるため、あと1~2回の通院をお勧めしました。


7月28日の整体日記 腰痛

大阪高槻市からお越しになった89歳の女性は、去年の8月に仰向けに倒れ、病院のレントゲンでは腰の骨が蜘蛛の巣のようになっていると診断されたそうです。

それ以来、腰が痛くて、長く歩けない、長く経ち続けていられないという症状で、日常生活が辛いということでした。

骨盤の歪みと腰椎4番、5番にずれがあり、大腰筋に緊張が見られました。

施術後は立ち座りでの痛みが無くなり、楽になっていただけたようです。

完治のために数回の通院をお願いしました。


7月24日の整体日記 椎間板ヘルニア(お尻と脚の痛み) ぎっくり腰になりかけ

大阪茨木市の男性はきょねんの12月に右のお尻から足首まで激痛が発症。

整形外科では腰椎4番~5番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

病院の治療はリリカやトラムセット等の鎮痛剤の投薬のみでしたが、痛みは減ってきたそうです。

でも、半年たっても鎮痛剤を毎日4回飲まないといけない状態で、完治のめども立たないので、できるだけ早く治りたいという思いで、インターネットで知った当院にお越しになりました。

腰椎椎間板ヘルニアでも頚椎のヘルニアでも一生続くものではありません。(神経圧迫による麻痺は別ですが)

通常は数か月~数年で自然治癒力で完治するものだと考えています。

ただ、自然治癒力が低下している方もおられ、完治までの道のりは人それぞれになります。

当院では体液(脳脊髄液、血液、リンパ液)の流れや、生体エネルギーの流れを整えて、患者様の自然治癒力を最大限引き出します。

当院の高次元操法と患者様の自然治癒力の相乗効果で、他院では考えられない早さで改善されることが多くなります。

この方も、施術後は隋部員痛みが軽減したようです。

完治まで通院をお願いしました。

大阪府摂津市の女性はご主人のご紹介でした。

昨日ジムで運動をしたときに腰に違和感を感じ、その後は屈んだりすると痛みがでて、今にもぎっくり腰になりそうな感じがするということでした。

また、じっとしていても常に違和感を感じるということでした。

腰椎3番、4番、5番に変位があり、右仙腸関節にずれがありました。

施術後は痛みの違和感も解消されました。

「もう大丈夫だと思いますので、しばらく様子を見てください。少しでも違和感を感じるようならまたお越しください」と申し上げました。


7月23日の整体日記 椎間板ヘルニア 頚椎ヘルニアの腕のしびれ

大阪寝屋川市の男性は高校生の時に腰椎椎間板ヘルニアの手術をしたらしい。

その後10年ほどは治まっていたが、半年前にぎっくり腰のような激痛が発症。

右腰から右足への強い痛みは椎間板ヘルニアの再発と診断されたそうです。

痛みは徐々に減っては来たものの、腰の痛みや足の痺れは大きなストレスとなっておられたようです。

前後屈で腰と脚に痛みがでて、足の甲が痺れるという症状でした。

右骨盤に歪みがあり、右脚が1.5センチ短くなっていました。

腰椎は3~5番に変位があり、腰椎4~5番の椎間板にヘルニアの反応がありました。

施術後は前屈の角度も大きくなり、痛みも減ったようです。

しばらく通院いただくようお願いしました。

大阪吹田市の男性は数年ぶりのお越しでした。

前回はぎっくり腰で1週間立てない状態で、奥様とタクシーの運転手に両側から抱えられての来院でしたが、1回の施術で完全完治されました。

今回あは1週間前からの頚椎ヘルニアの腕のしびれと激痛でした。

どんな姿勢でもしびれと強い痛みがあり、夜も2時間ほどしか眠れない状態。

病院では手術を勧められたが、「ぎっくり腰の時のようなミラクルを期待してきました」というこいとでした。

数年前に揃えた足の長さは狂っていませんでした。(当院では一度揃えた足の長さは何年たっても狂いません)

頚椎1番、5番、6番、7番に変位が有りました。

施術後はじっとしているときの痺れと痛みは無くなりましたが、首を動かすと肩胛骨に痛みが残りました。

数回の通院をお願いしました。


7月22日の整体日記 頚椎ヘルニア

和歌山市からお越しになった男性は5年ほど前にも頚椎ヘルニアと診断されたことがあったそうです。

1週間前から肩甲骨と背骨の間に痛みがでて、左手の人差し指と中指が痺れるようになったそうです。

左腕が重く、首を左斜め後ろに動かすと腕に痺れが走り、肩甲骨の痛みが強くなります。

左骨盤が歪んでいて、頚椎は5番~7番に変位があり、頚椎5番~6番の椎間板にヘルニアの反応がありました。

施術後は常時あった手の指の痺れはなくなりましたが、首を動かしたときの痛みや痺れは減ったものの残りました。

数回の施術が必要と申し上げ、通院をお願いしました。


7月21日の整体日記 椎間板ヘルニアのレーザー手術後の再発

東大阪市の男性は半年前から坐骨神経痛が発症。

鎮痛剤でごまかしていたが、5月には立てないほどの激痛になり、10日前にレーザー手術を受けられたらしい。

手術後2~3日は良かったが、くしゃみをして腰をひねって再発。

立つと体が歪んでいました。(無意識に痛みから逃げるため)

施術後は少し痛みは軽減されたようです。

好転反応の可能性がある旨お伝えし、通院をお願いしました。


7月20日の整体日記 坐骨神経痛

大阪高槻市の男性は13年前に椎間板ヘルニアと診断されたが、その後は治まっていたそうです。

1週間前から右のお尻に痛みが再発し、2日前からは立ち上がれないときもあるほど痛みが強くなってきたそうです。

今日は仕事を休んでお越しになりました。

骨盤に歪みがあり、腰椎は3~5番にずれがありました。腰椎4~5番と腰椎5番~仙骨にヘルニアの反応がありました。

また中殿筋が緊張していました。

施術後は痛みは軽減されましたが、数回はかかる旨申し上げ、数回の通院をお願いしました。


7月16日の整体日記 頚椎ヘルニア

大阪高槻市の女性は1か月半前の朝突然右手の親指と人差し指にしびれがでたそうです。

その後肩から右腕や肩甲骨にしびれと強い痛みが発症。

整形外科では頚椎4~5番の小さな椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

そのうち右手の親指と人差し指が動かなくなり、動かそうとすると指が痙攣します。

どんな姿勢でも強い痛みやしびれがあり、力も入りづらく、日常生活で右腕が使えないとお困りでした。

骨盤にゆがみがあり、頸椎は5番6番7番に変位が有りました。

「胃と膀胱にストレスが溜まってますよ。膀胱炎になりやすくないですか?」と申し上げると、「実は頻尿で困っています。胃の調子も悪いです。」ということでした。

骨盤を正し、必要な筋肉を緩めて頚椎を無痛で矯正しました。ストレスも減らしました。

頚椎は5番のずれが原因で、頸椎5番~6番にヘルニアの反応が有りました。

施術後は、常時あったしびれと痛みは無くなりました。

首を動かしたときの痺れと痛みも随分減ったようです。

でも、親指と人差し指の運動麻痺や痙攣は改善しませんでした。

初回の硬化としては、痛みやしびれには満足のいく結果だったので「数回の施術をうける価値はあると思います」と申し上げ、通院をお勧めしました。


7月13日の整体日記 坐骨神経痛(椎間板ヘルニア)

大阪堺市からお越しになった女性は左のお尻の痛みと、左足のしびれでした。

10年ほど前に激痛で椎間板ヘルニアと診断され、3年後にも再発があり、それ以来左脚は痺れたような違和感が続いていたそうです。

10日前から再発したそうです。

骨盤と腰椎4番5番の歪みが確認できました。

胃にストレスが溜まっておられました。

施術後は楽になっていただけたようです。

完全完治のために、数回の通院をお勧めしました。


7月10日の整体日記 頚椎ヘルニア

大阪高槻市の女性は3か月ほど前に重い荷物を持った時に肩に衝撃を感じたらしい。

その後ひどい肩こりが続き、1か月後から右腕に痺れが発症。

病院のMRI検査では頚椎5番~6番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

最初は自転車やPC作業で痺れを感じていたが、だんだんひどくなり、最近は少し斜め後ろに首を動かすと強い痛みが走るということでした。

右の症状にしては珍しく右骨盤が上がって右足が短くなっていました。

頚椎は1番、5番、6番、7番がずれていました。

骨盤や頚椎を整え、ストレスを開放しました。

ストレスは肝臓と胃と膀胱に溜まっていたので、痛みや痺れにイライラされていたのかもしれません。

施術後はしびれや痛みが少し緩和し、首の可動域が増えたようです。

数回の通院をお願いしました。


7月9日の整体日記 腕から手のしびれ

兵庫県伊丹市の男性は2か月前から左の肩甲骨~左腕~左手に痺れが発症。

病院のMRIとCTでは頸椎7番が前に出ているのが原因と言われたそうです。

ヘルニアとは言われなかったらしい。

手は小指側の痺れでした。

小指の痺れは頚椎7番~胸椎1番から出ているC8神経に関係しています。

この方の場合は下を向くとしびれるという珍しい症状で、頚椎7番のすべりと想像し施術を行いました。

骨盤の歪みと頚椎3番、6番、7番にずれが認められました。

ストレスも相当溜めておられました。

施術後はしびれの程度はずいぶん軽くなったようです。

1週間以内の再来院をお願いしました。


7月8日の整体日記 首の痛みからの頭痛 お尻から太ももの痛み(椎間板ヘルニア)

奈良市の女性は何年も前から首の痛みと頭痛があったそうです。

2年前からは頻繁に頭痛が起こるようになって、整形外科を受診するとストレートネックと診断される。

整骨院や鍼に通うも、その場しのぎで良くならない。

インターネットで知った当院にお越しになりました。

首の痛みなどは、整形外科ではよく「ストレートネックが原因」と言われることがありますが、ストレートネック自体が痛みの原因であることはありません。

痛みの原因は頚椎のズレと首や肩の筋肉の緊張です。

ストレートネックは頭の重みの負担がかかりやすいので頚椎が歪みやすくなるということは考えられます。

奈良市の女性は頚椎1番2番5番6番7番にズレがありました。

特に頚椎2番のズレが大きく、これが頭痛の原因だと判断しました。

施術後は首が軽くなりずいぶん楽になっていただけました。

今日はもともと頭痛が無かったので、頭痛に対する効果は確認できませんでしたが、頭痛も減ることと思います。

完治には5回程度の通院をお願いしました。

大阪市淀川区の男性は友人からのご紹介でした。

1年半前から左のお尻から太ももに痛みが発症し、病院のMRIでは腰椎5番~仙骨の椎間板ヘルニアと診断されたらしい。

立っていると痛み、長く歩くことが出来ないということでした。

骨盤や腰椎3~5番に歪みがあり、大腰筋や小殿筋に緊張が認められました。

胃や肝臓にストレスが溜まっていました。

施術後は、立った時の痛みは緩和されたようです。

数回の通院をお勧めしました。


7月6日の整体日記 椎間板ヘルニア

大阪茨木市の男性は2か月前から5~10分歩くと左足の裏がしびれだし、痺れが太ももまで上がってくるらしい。

そのまま歩こうとすると左の腰(仙腸関節付近)に痛みが出る。

しばらく屈む姿勢をするとしびれは治まるそうです。

病院のMRIでは腰椎の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

左の小殿筋に硬結があり、左大腰筋も緊張していて、骨盤や腰椎に歪みがありました。

施術後の確認は当院ではできませんでしたが(10分歩いてもらうわけにはいかないので)、少しは改善されていると思います。

家でできる小殿筋の硬結を緩める運動をアドバイスしました。

数回の通院をお願いしました。

大阪市西区の男性は3年前に腰痛が発症し、病院では腰椎椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

左のお尻から足にかけて痛みとしびれがあり、最近は左腕にもしびれが出てきたそうです。

階段などでは左脚が上がりにくいということでした。

大阪市内の整体院3軒にのべ30回以上通ったそうですが、全然改善しないということでした。

下部頚椎(5~7番)と上部胸椎、腰椎3~5番に変位があり、左仙腸関節のズレと左小殿筋の硬結が認められました。

左足の上がりにくさは左大腰筋の緊張をとると改善しました。

施術後は腕の痺れも足の痺れも小さくなり、次回予約をいただきました。

数回の施術で症状を解消出来ればと思います。


7月2日の整体日記  股関節痛 パニック障害

大阪府摂津市の女性は左鼠蹊部の痛みでした。

3日前に突然激痛が走り、翌日からはマシにはなったものの、靴下を履く動作で脚が上がりにくいということでした。

外転動作でも開きが悪くなっていました。

お尻の中殿筋やお腹の大腰筋、太ももの恥骨筋、内転筋などに緊張があったので緩めて股関節を調整しました。

施術後は脚の上がりや開きは、左右差がなくなりました。

しばらく様子を見ていただくことにしました。

大阪府泉大津市の男性は17年前からのパニック障害でした。

17年前に試験会場で吐き気と動悸、冷や汗などの発作があり、それ以来電車や人混みがダメになったそうです。

電車には乗れるものの、各停や乗る場所を選ばないと気持が悪くなる。

百貨店やスーパーなどの人の多いところも気持ち悪くなるらしい。

ヒーリングメニューでの施術を行いました。

17年前のトラウマやネガティブな感情を開放しました。

明日の電車は少し楽になっていただければと思います。

数回の通院をお願いしました。


7月1日の整体日記 腰痛 椎間板ヘルニア

大阪市淀川区の男性は長年の腰痛でした。

整形外科のレントゲンでは腰椎5番の分離すべり症と診断されたそうです。

痛みの部位から考えると腰椎5番が原因ではないように思いました。

腰椎3番~5番に変位があり、痛みの原因は腰椎3番でした。

骨盤と腰椎を正し、ストレスをリセットしました。

その場は楽になられましたが、長年の腰痛は悪い方へ戻ることが多いので、数回の通院をお勧めしました。

大阪高槻市の男性は去年の11月から腰に違和感を感じ、その後左のお尻から左足に痛みが発症。

整形外科のレントゲンでは腰椎が曲がっていると言われたそうです。

整骨院に5か月通うも良くならず、MRI検査を受けると腰椎5番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

硬膜外ブロックも神経根ブロックも効かず、ロキソニンもリリカも全く効かないということでした。

骨盤や腰椎には大きな歪みがあり、上向き寝だけでなく、うつ伏せ寝も出来ないという重症でした。

施術後は立位で腰がまっすぐ伸ばせるようになりましたが、満足のいく結果とは言えませんでした。

じっくり治すためにはしばらくの通院をお願いしました。