大阪茨木市くぼ整体の日々の整体症例日記38

大阪茨木くぼ整体の平成29年5月の日々の症例日記です。

整体症例日記38


5月29日の整体日記 腰痛

大阪市天王寺区の男性は5月の1日からの腰痛でした。

腰が反らせないタイプの腰痛です。

整骨院や鍼に行ったそうですが、良くならなかったそうです。

友人からのご紹介でお越しになりました。

腰椎の歪みと骨盤の歪み、大腰筋の緊張が原因でした。

施術後は痛みはなくなったようです。

大腰筋のストレッチをお勧めしました。


5月28日の整体日記 脊柱管狭窄症

大阪府茨木市の男性は10年ほど前から右足に痺れがあったそうです。

去年の1月に左足首を骨折し手術し、そのあとから両脚が痺れるようになったそうです。

屈んだり、腰を反らせたりという動作では症状は出ず、7~8分歩くとしびれて痛くなり歩けなくなる。

典型的な脊柱管狭窄症の間歇爬行でした。

病院のMRIでは腰椎4番と5番の間が圧迫されているので、手術を勧められているということでした。

骨盤の筋肉は左右とも小殿筋に強い緊張がありました。

右足が1センチ短く、骨盤が歪んでおられました。

腰椎は4番と5番に変位がありました。

必要な筋肉を緩め、骨盤や腰椎を正し、ストレスをリセットしました。

脊柱管狭窄症の場合はこの場では施術効果を確認できません。(7分歩いてもらうわけにはいかないので)

また、日によって症状にばらつきがあるので、初回の効果を実感しにくい症状です。

あと2回は間隔をあけずに通院いただくようお願いしました。


5月26日の整体日記 五十肩

大阪市大正区からお越しになった男性は、2年近く前からの右肩が痛くて腕が上がらない、腕を回せないという症状でした。

病院では首が原因かもしれないと診断され、他の整体院でも五十肩の症状ではないと言われ、ご本人は首が原因だと思っておられました。

でも、首をどの角度に動かしても痛みはで出ず、腕を動かすと肩に痛みが出るので典型的な五十肩の症状でした。

五十肩施術で腕の上がりは20度ほど改善しました。

2年近く経っているので、数回の通院で完全には無理かもしれませんが、ある程度は良くなると思います。


5月26日の整体日記 首の痛みと腰痛

大阪府摂津市の女性は1か月前に引っ越してこられたそうです。

引っ越しの疲れなどから、左の首と左の腰が痛むということでした。

頚椎は3~7番に歪みがあり、腰椎は1番と4番5番に歪みがありました。

骨盤を整え、必要な筋肉を緩めて、頚椎と腰椎を正しました。

ストレスもリセットしました。

楽になっていただけたようです。

痛みが少しでも再発するようなら、近いうちに再来院されるようにお願いしました。


5月21日の整体日記 坐骨神経痛 めまい 椎間板ヘルニア

大阪茨木市の男性は2月からの坐骨神経痛でした。

立つ、座る、寝返りを打つという動作で右の仙骨に痛みがでる。

太もも裏の痺れと、足の拇にしびれがあるという状態でした。

右の太ももには力が入りにくいという症状もありました。

骨盤と腰椎3~5番に歪みがあり、腰椎5番~仙骨の椎間板にはヘルニアの反応がありました。

右お尻の小殿筋にも緊張がありました。

必要な筋肉を緩め、骨盤や腰椎を正し、坐骨神経痛に対するストレスを浄化しました。

仙骨に少し痛みは残りましたが、太ももには力が入るようになり、立った時に腰が伸ばせるようになりました。

数回施術を受けられることをお願いしました。

摂津市の女性は1か月前に寝ているときに回転性のめまいが発症したらしい。

回転性のめまいは1~2日で治まったが、その後はふわふわするめまいが治らないということでした。

2日前に近所の整体に行き、鍼治療とボキボキする首の矯正を受けてからめまいが悪化したらしい。

首や肩の筋肉が凝り固まっておられました。

頚椎は1番と5~7番に変位があり、右側頭骨にも歪みがありました。

施術後は少しふわっとする感じがのこったものの、ずいぶん楽になられたようです。

完治には数回の通院を提案しました。

箕面市の女性は2年前に腰椎4番~5番の椎間板ヘルニアと診断されて以来、痛みとしびれが完治しないらしい。

地元の鍼や整体にいろいろ通ったそうですが、すべて合わなかったそうです。

右足は常に太ももからふくらはぎまでしびれていて、前に屈むと右の仙骨に痛みを感じるようでした。

小殿筋に緊張があり、左仙腸関節のズレと、腰椎3~5番の変位が原因でした。

腰椎4番~5番にはヘルニアの反応がありました。

施術後は屈んだ時の仙骨の痛みはなくなりました。

痺れもなくなり、ふくらはぎに少し違和感が残りました。

戻りも予想されるので、数回の通院をお願いしました。


5月20日の整体日記 ふわふわめまい

奈良市からお越しになった女性は3か月前に回転性のめまいがあり、それ以来ふわふわするめまいが続いているとお困りでした。

耳鼻科では良性発作性頭位めまいと診断されたり、メニエールの初期と診断されたりしたそうですが、一向に良くならないらしい。

頚椎は4番以外はずれていました。

骨盤を正し、脳脊髄液の流れを調整し、頚椎を整え、ストレスをリセットしました。

施術後はふわふわするめまいは、ほんの少しになったそうです。

戻りが予想されるので数回の通院をお勧めしました。


5月19日の整体日記 坐骨神経痛 腰痛

大阪府高槻市の女性は3月下旬からの右坐骨神経痛でした。

リリカを毎日飲んでいるそうです。

リリカのおかげで痛みは緩和されているそうですが、副作用のめまいもあり、薬なしでの完治をしたいとお越しになりました。

座っていると痛むタイプの坐骨神経痛でした。

中殿筋にトリガーポイントのシコリがありました。

骨盤や腰椎3~5番に歪みがあり、腰椎5番~仙骨にはヘルニアの反応がありました。

施術後はトリガーポイントが緩み、少し楽になっていただけました。

次週のご予約をいただきました。

茨木市の女性は、義理の息子さんのご紹介でした。

2週間前にストレッチの体験を受け、翌日から強い腰痛が発症したらしい。

寝返りや起き上がりが辛く、整形外科のレントゲンでは異常なし。

変形性腰椎症と診断されたそうです。

腰椎3~5番に歪みがあったので正しました。

施術後は痛みは感じなくなられたようです。

念のため、もう一度の通院をお願いしました。


5月18日の整体日記 首の痛み 椎間板ヘルニア パニック障害

和歌山市の女性は1年半前に追突事故に遭い、それ以来首がいたむということでした。

病院では頚椎挫傷(むち打ち)と頚椎5番~6番のヘルニア、頚椎3番~4番の狭窄と診断されたそうです。

病院では月に2度トリガーポイントブロック注射を打ってもらっているそうですが、良くならないらしい。

整骨や整体、カイロプラクティックも数件試したがその場かぎりで良くならないということでした。

斜角筋や小胸筋、胸鎖乳突筋に緊張があり、頚椎は2番以外はすべてずれていました。

施術後は少し痛みは残ったものの、嫌な感じの鈍痛はなくなったようです。

しばらくの通院をお勧めしました。

寝屋川市の女性は去年の9月から右のお尻に違和感があり、12月に整骨院に行ったそうです。

整骨院でボキボキされる矯正を受け、翌日ん朝から右のお尻から右足に強い痛みが発症。

整形外科のMRIで腰椎5番~仙骨の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

もともとヘルニアがあり、筋肉の緊張があった時に、整骨で無理な矯正を受け座骨神経痛が悪化したのだと思います。

いろんな鍼灸や整体に通っても完治しないということでした。

腰椎3~5番と骨盤の歪みを正し、小殿筋と中殿筋の緊張を緩めました。

立ち続けていると痛みがでるタイプなので、その場での硬化の確認はできませんでしたが、しばらく通院されることをお願いしました。

大阪府豊中市の女性は、6年前の東北大震災の翌日に電車の中で強い動悸が発症したらしい。

その後は電車に乗るのが辛かったが、騙しだまし来たそうです。

心療内科では不安神経症と診断される。

症状はだんだん軽くなってきているそうですが、苦手な状況が増えてきているということでした。

ヒーリングメニューで6年前のトラウマを開放しました。

数回の通院をお勧めしました。


5月13日の整体日記 腰痛 パニック障害

大阪市平野区の男性は奥様のご紹介でした。

2年程前からの腰痛で、前に屈むと痛むタイプの腰痛でした。

痛みが強くなると、左の太ももにも張り感のいような症状がでるということでした。

腰椎3~5番のズレと腰椎5番~仙骨にヘルニアの反応がありました。

左でん部の筋肉に緊張があり、いつ左坐骨神経痛が出てもおかしくない状態でした。

放っておくと、次に強い痛みが出たときは坐骨神経痛もひどくなり、ヘルニアと診断されるかもしれないと思いました。

施術後は屈んだ時の痛みは完全になくなったようです。

しばらく様子を見て、痛みが再発するようならお越しいただくようお願いしました。

大阪市の女性は2年前に自宅で息が出来なくなり、救急車で病院に運ばれるが、検査では異常が無かったそうです。

それ以来、電車やすぐに逃げ出せないところが辛く、デパスでごまかしていたそうです。

最近はデパスが効きにくくなり、心療内科でメイラックスに処方を帰られたそうです。

薬なしでなんとか治らないものかと、当院にお越しになりました。

ヒーリングメニューで施術しましたが、施術後は表情が明るくなられました。

しばらくの通院をお願いしました。


5月12日の整体日記 股関節痛 椎間板ヘルニアの坐骨神経痛

大阪府吹田市からお越しになった女性は8年前から左股関節に痛みを感じるようになったらしい。

3年前からは痛みがどんどん増してきたそうです。

鼠蹊部の痛みで、歩き続けるとお尻まで痛くなってくるそうです。

座っていてもじわ~っとした痛みを感じるということでした。

右骨盤が上方変位しているのに足の長さはそろっていました。

骨盤を整えると、左足が1センチ短くなりました。左股関節が後方へずれていました。

股関節を調整すると足の長さはそろいました。

左足が軽くなられたようです。

しばらくの通院をお願いしました。

大阪府吹田市の女性は3週間前からの右足の痺れと仙骨の痛みでした。

病院ではL5の椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛と診断されたそうです。

腰椎3~5番の変位と、L5~S1の間にヘルニアの反応がありました。左右仙腸関節もずれていました。

施術後は足の痺れも仙骨の痛みも緩和されたようです。

数回の通院をお勧めしました。


5月8日の整体日記 頚椎ヘルニア

大阪市中央区からお越しになった男性は、2週間前に首に寝違いのような痛みが発症。

痛みはだんだんひどくなり、右肩甲骨全体に締め付けられるような痛みも出てきたそうです。

近くの整体に2回行ったそうですが、的外れな施術で良くならなかったようです。

整形外科のレントゲンでは頚椎5番~6番のヘルニアの可能性が高いということで、明日MRIを撮るらしい。

後斜角筋、中斜角筋に強い緊張があり、頚椎は1番、5番、6番、7番、胸椎1番に変位がありました。

施術後は痛みはずいぶん減り、楽になられたようです。

数回の通院をお願いしました。


5月7日の整体日記 パニック障害 頚椎ヘルニア

茨木市の男性は3週間前に電車の中で、スマホである事件のニュースを見たとたんに息が出来なくなったそうです。

それ以来電車のなかでは動悸がして、電車に乗る前は予期不安がするらしい。

歯医者に行くのも勇気がいるということでした。

パニック障害のかたは、事故や震災や事件などのニュースを見るだけで発作を起こすことがあります。

出来るだけネガティブなニュースは見ないほうが良いと思います。

この方はヒーリングメニューでの施術でした。

幼少期のある出来事のトラウマが影響していたようでした。

気持は楽になっていただけましたが、手の汗が改善されなかったので、数回のヒーリングを受けられることをお薦めしました。

高槻市の女性は今年の正月に回転性のめまいがあり、その後はずっとふらふらする感じが続いているらしい。

3月には車の運転中にパニック発作に見舞われ、その後も何度か発作があり心療内科で投薬治療を受けているということでした。

地元の自律神経整体に15回通い、ふらつきはマシになるが完治せず、パニック障害の症状は良くならないということでした。

ヒーリングメニューでの施術を行いました。

しばらくの通院をお願いしました。

寝屋川市の男性は1か月前から腕の痛みと手の甲の痺れが発症し、整形外科のレントゲンではヘルニアの疑いと診断される。

その後、徐々に症状は治まりつつあるが、早く治したいと当院にお越しになりました。

斜角筋に緊張がありました。頚椎も5~7番に変位がありました。

施術後は腕の鈍痛も手の甲の痺れもなくなったようです。

もうご本人の自然治癒力で治る段階に来ていたのではないかと想像します。

当院は、患者様ご本人の自然治癒力での快癒のお手伝いをいたします。


5月1日の整体日記 めまい

大阪府豊中市の男性は2年前に仕事中に突然回転性のめまいに襲われ、救急車で病院に運ばれたそうです。

病院ではCTもMRIも異常なしで、おそらくメニエールだろうと診断される。

耳鼻科に行くがメニエールではないと診断され、頭痛めまい外来で安定剤などを処方されたそうです。

薬を飲んでもふらつきは変わらず、去年の9月にも回転性のめまいが発症。

その後耳鼻科でメニエールと診断され、薬を服用するが、去年の12月からは週に一度は回転性のめまいが起こり、現在休職中ということでした。

動作確認でふらつきがありました。

頚椎は1~3番と5~7番に歪みがあり、右の側頭骨と三半規管にも反応がありました。

身体の歪みや頸椎のズレを正し、後頭骨、側頭骨を調整し、下顎骨と顎関節も調整しました。

2年前の最初のめまいのトラウマが残っていたので、波動ヒーリングで開放しました。

施術後は動作確認でのふらつきはなくなったようです。

頚椎のズレの戻りとともにふらつきの再発が予想されるので、しばらくの通院をお願いしました。