大阪茨木市くぼ整体の日々の整体症例日記36

大阪茨木くぼ整体の平成29年3月の日々の整体の症例日記です。

整体症例日記36


3月31日の整体日記 目を動かすとめまい

大阪市東淀川区の男性は5年前からめまいふらつきがあるということでした。

首を動かしたり、視線を動かすとふわ~っとするらしい。

特に視線を右に動かしたときにふらつきが強い。

耳鼻科や脳外科の検査では異常なしで、半ばあきらめているということでした。

頚椎は1番、5番~7番にずれがありました。

身体全体の歪みを整え、頚椎と頭がい骨を調整しました。

施術後は視線を動かしてもふらつきは感じなくなられました。

頚椎のズレの戻りとともに、ふらつきの戻りも予想されるので、数回の通院をお願いしました。


3月26日の整体日記 めまい

大阪茨木市の男性は2か月ほど前に回転性のめまいがあり、病院では良性発作性頭位めまいと診断されたらしい。

その後回転性のめまいは数日で治まったが、ふわふわするめまいがずっと続いているということでした。

じっと立っていても、ふわふわするということでした。

頚椎1番と5番、6番、7番にずれがありました。

骨盤を整え、後頭骨と側頭骨を調整し、頚椎を正すとふわふわするめまいは感じなくなったようです。

頚椎のズレの戻りとともに症状も多少の戻りが予想されるので、数回の通院をお願いしました。


3月23日の整体日記 坐骨神経痛

大阪市からお越しになった男性は坐骨神経痛でした。

去年の6月に左脚が痛くなり、病院で椎間板ヘルニアと診断されるが、その時は自然に痛みがなくなったそうです。

今回は3日前に左足に激痛としびれが発症し、立つことも歩くことも、座ることもできなくなったそうです。

去年が左足で今年が右足というのは珍しいです。

カイロプラクティックに行くが、全く改善しなかったそうです。

右脚が2センチ短くなっていて骨盤や腰椎が歪み、骨盤の筋肉(小殿筋)に強い緊張がありました。

施術後は痛みは少し改善したようです。

数回の通院をお願いしました。

摂津市の男性は坐骨神経痛でした。

2週間前に右のふくらはぎに痛みが出て、そのうち右足全体に痛みとしびれが広がったそうです。

座っていると1分弱で強いしびれが出て、車の運転が危ないので、仕事を休んでいるということでした。

右の骨盤の筋肉(梨状筋、小殿筋)や大腰筋が硬く緊張していました。

骨盤の歪みと腰椎のズレも確認できました。

施術後はしびれや痛みはずいぶん楽になられたようです。

しびれが完全になくなるまで、しばらくの通院をお願いしました。


3月19日の整体日記 頚椎ヘルニア

兵庫県芦屋市からお越しになった男性は頚椎ヘルニアの首から肩甲骨の痛みと腕の痺れでした。

1月中旬に朝起きると、首をどちらへ動かしても痛かったそうです。

病院のレントゲンとMRI検査で頚椎5番~6番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

牽引治療では一向に良くならないので、整骨院に通うことにしたらしい。

整骨院の自費治療を10回受けるが、余計に悪くなり腕にしびれもでてきたらしい。

ボクボキする治療が裏目にでたのだと思います。

インターネットで検索し当院を知り、お越しになりました。

骨盤を正し、頚椎のズレを調整しました。

施術後は痛みはずいぶん軽くなられたようです。

数回の通院をお願いしました。


3月16日の整体日記 肩甲骨のしびれと腕のしびれ

大阪高槻市の男性は2か月前から右の肩甲骨の内側が痛くなったらしい。

その後、今度は左手の親指にしびれが発症。

左腕が痺れるようになったそうです。

仕事が忙しくて病院には行けてないらしい。

今は左手の親指が常時しびれ、左腕は首の角度によってしびれ、右の肩甲骨内側は常にしびれているという状態でした。

頚椎4~7番に変位が認められ、頚椎5~6番と頚椎6~7番の椎間板にヘルニアの反応がありました。

施術後は右親指と左肩甲骨内側の痺れは消滅しました。

左腕の痺れもなくなりましたが、大きく上を向くと左首の付け根に痛みが残りました。

数回の通院をお願いしました。


3月13日の整体日記 坐骨神経痛

高槻市の男性は3か月前からの右のお尻から足裏までの痺れと痛みでした。

整骨院に10回通うも良くならないとお困りでした。

病院には行っておあっれないということでしたが、もしMRIを撮っていればヘルニアと診断されたかもしれません。

どんな姿勢でも四六時中お尻に激痛があり、足にはしびれがあるという症状です。

骨盤が歪み、腰椎は3~5番に変位がありました。

施術後はあれだけ痛かったお尻の痛みはなくなったようです。

足の痺れは残りましたが、半分以下になったということでした。

症状の或る程度の戻りも予想されるので、しばらくの通院をお願いいたしました。


3月12日の整体日記 坐骨神経痛 ぎっくり腰

大阪市淀川区からお越しになった女性は、去年の妊娠中から足首に痛みがあったそうです。

9月の出産後から痛みがひどくなり整骨院に通うも良くならないということでした。

常にふくらはぎにしびれと痛みがあり、10分歩くと痛みが強くなるということでした。

骨盤と腰椎に歪みがあり、小殿筋に緊張がありました。

施術後は常時の痛みと痺れはなくなったようです。

しばらくの通院をお願いしました。

大阪茨木市の女性は昨日の朝仕事で重いものを持ち上げたときに腰に痛みが走ったそうです。

鎮痛剤を飲んでも治まらず、当院に駆け込んでこられました。

前に屈むことも、腰を後ろにそらすことも、全くできない状態でした。

大腰筋や腰方形筋などの必要な筋肉を緩め、骨盤と腰椎の歪みを正しました。

施術後は痛みは完全になくなり、深く屈めるようになりました。

当院ではヘルニアでないぎっくり腰は1回で改善されます。


3月10日の整体日記 頚椎ヘルニア

豊中市の女性は1か月前から右の首が痛くなったそうです。

なかなか治らず、整形外科のMRIでは頸椎5番~6番の椎間板ヘルニアと診断される。

右の首が痛むのに、左腕に力を入れると左手の指に震えが出るという症状もありました。

左手は握力も減っているようでした。

施術後は右の首の痛みはなくなり、左手の震えや握力低下も解消しました。

右首の痛みは筋肉の痛みで、ヘルニアの症状は左手の震えと握力低下だったようです。


3月9日の整体日記 椎間板ヘルニアの足のしびれ

大阪箕面市の女性は杖にすがりながらやっと歩けるという状態でお越しになりました。

1月中旬に右の鼠蹊部が痛くなり、腰痛と右脚にもしびれが出るようになったそうです。

職場の近くの中国整体に10回通ったそうですが、だんだん悪くなり、激痛になったそうです。

病院のMRIでは腰椎5番と仙骨の間の椎間板ヘルニアと診断され、「手術しますか?」と言われたそうです。

立つのも歩くのも痛く、仕事を休んでおられました。

骨盤の歪みはさほどでもありませんでしたが、腰部の筋肉と骨盤の筋肉の緊張がひどい状態でした。

施術後は腰と足の痺れや痛みはなくなり、足先にしびれが残るだけになりました。

数回の通院をお願いしました。

「帰りは杖なしで歩けます」と喜んでいただけました。


3月5日の整体日記 頚椎ヘルニアの筋力低下  椎間板ヘルニア

和歌山県有田市からお越しになった女性は頚椎ヘルニアの痛みしびれと筋力低下でした。

去年の12月に首肩と腕の痛みが発症、肩こりかと思い整骨院に4回通うが、よけいに痛くなったそうです。

その後手や腕に力が入らなくなり、料理で卵を溶くことも出来なくなり、掃除で箒を使うこともできなくなったそうです。

字も書きづらく、腕は真上まで上げられず、斜め上までしか上げられないという状態でした。

整形外科ではMRI検査で頚椎6番~7番の椎間板ヘルニアと診断され薬を処方される。

ボルタレンが効かず、今はトラムセットとリリカを服用しているが、あまり効果を感じられないということでした。

骨盤の歪みと、頚椎1番、4番~7番にずれがあり、頚椎6番~7番にはヘルニアの反応がありました。

施術後は腕の力が改善し、真上まで上げられるようになられました。

指の力も改善されたようです。

痛みとしびれも軽減されました。

首や腰のヘルニアでは、痛みやしびれも辛いですが、筋力低下は相当ショックな出来事です。

また、頚椎ヘルニアの症状の中でも、筋力低下は相当重症であることが多いです。

和歌山県という遠方ではありますが週に一度の間隔で通院を続けることをお薦めしました。

大阪府豊中市からお越しになった女性は椎間板ヘルニアでした。

2か月前に重いものを持って急に立ち上がった時にぎっくり腰のような腰痛が発症。

なかなか治まらず、病院のMRIを受けると、腰椎4番~5番に大きなヘルニアがあったそうです。

今は腰の痛みはなくなったが、座っていると左右のお尻に痛みが出てきて座っていられない状態でした。

腰部の筋肉と大腰筋が緊張し硬くなっていました。

左の小殿筋にも筋硬結があり、放っておくと左坐骨神経痛が発症する可能性があると感じました。

施術後は深く楽に屈むことが出来るようになったので、座位での痛みも少しは緩和したと思います。

完治に向けて数回の通院をお願いしました。


3月4日の整体日記 足の痺れ(坐骨神経痛)

大阪市淀川区からお越しになった男性は、半年前からの左脚の痺れでおこまりでした。

立ち続けていたり、座り続けていると左のお尻から足までしびれてきて、力が入りにくくなるという症状らしい。

座っているときは腰が丸くなっているので症状は出ませんが、立っている時や歩くときは腰を伸ばさなくてはなりません。

立ち続け、歩き続けで症状がでるというのは、腰を後ろへ反らしにくいのと同じ範疇の症状で、

大腰筋の緊張と腰椎の後湾が想像できます。

この方は病院は行かず、整骨院の自費治療を8回受けたが全然良くならないということでした。

身体のチェックでは大腰筋の緊張と腰椎の後湾が認められ、骨盤の歪みと腰椎3~5番のずれがありました。

施術後は腰を後ろにそらすのが楽になられたので、少し改善したと思います。

数回の通院をお願いしました。