大阪茨木市くぼ整体の日々の整体症例日記35

大阪茨木くぼ整体の平成29年2月の日々の整体の症例日記です。

整体症例日記35


2月25日の整体日記 ひざ痛

大阪市淀川区からお越しになった46歳の男性は6年ぶりでした。

6年前には腰痛か坐骨神経痛だったようですが、2回で改善されたそうです。

今回は1年半前から突然右ひざが痛くなり、病院では「加齢だから仕方がない」と診断されたそうです。

整骨院にも通ったそうですが、悪くなる一方だったそうです。

最近は歩くのも右足をかばうようになり、とてもお困りでした。

6年前にそろえた足の長さはそろったままでしたが、仙骨はずれていました。

右のお尻や太ももやふくらはぎの膝の関連筋に強い緊張があり、軽く押すだけでも強い痛みを感じるようでした。

半月板にも問題があるようでした。

必要な筋肉を緩めて脛骨や腓骨を調整すると、痛みは殆どなくなったようです。

筋肉は悪い方へ戻りやすいので、数回の通院をお願いしました。


2月24日整体日記 頚椎ヘルニア

東大阪市の男性は3週間前にゴルフの練習中に右の首から肩甲骨に痛みが発症したらしい。

右腕もしびれだし、手に力が入らなくなったそうです。

病院のMRIではヘルニア。

ブロック注射を3回受けたが良くならないということでした。

頚椎5番~胸椎1番にずれがあり、頚椎7番と胸椎1番の間にヘルニアの反応がありました。

斜角筋にも強い緊張がありました。

施術後は腕の痺れはなくなり、手の力も少し戻りました。肩甲骨の痛みも少し減ったようです。

しばらく通院されることをお薦めしました。


2月20日の整体日記 頚椎ヘルニア めまい 脊柱管狭窄症の坐骨神経痛

大阪府四条畷市の女性は1週間前の朝に突然首が痛くなり、そのうち肩甲骨から上腕に痛みが出てきたそうです。

病院のMRI検査では頸椎5~6番と6番~7番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

MRIの画像を見せていただきましたが、ヘルニア自体はそんなに大きいものではありませんでした。

骨盤のゆがみを正し、頚椎を調整し、ストレスを開放しました。

施術後は痛みはずいぶん小さくなり、首を大きく動かせるようになられました。

数回の通院をお願いしました。

大阪府高槻市の女性は去年の5月に歩いているときにふらつきを感じるようになり、ずっと続いているということでした。

鍼やマッサージは全く効かず、カイロプラクティックの脳幹活性療法で少し改善したそうですが完治には至らなかったそうです。

頚椎1番にズレがありました。

もともと動作での確認ではふらつきが無かったので、今日の施術の効果は確認できませんでしたが、

首を動かしたときの突っかかりがなくなったので、ふらつきも改善したのではないかと思います。

数回の通院をお勧めしました。

大阪府高槻市の72歳の男性は1年以上前から左の脚に痛みとしびれがあったそうです。

最近は痛みが強くなり、右脚にも痛みが出てきたらしい。

病院のMRIでは腰椎4番と5番の脊柱管狭窄症と診断されたそうです。

腰を後屈させると左のふくらはぎに痛みが出ます。

しばらく歩いても痛みだし、少し休憩するとまた歩けるようになるという間欠跛行の症状もあるということでした。

骨盤に歪みがあり、左の中殿筋、小殿筋、大腰筋に強い緊張があり、腰椎3~5番にズレがありました。

施術後は腰を後屈させるときの痛みが緩和したようです。

5~6回の通院をお願いしました。


2月18日の整体日記 坐骨神経痛 股関節痛

豊中市の女性は友人のご紹介でした。

去年の9月から左の股病院のMRI関節と足首に痛みが出て、最近は右も痛むということでした。

病院のMRIでは股関節も腰も異常ないということだったらしい。

ご本人は股関節と足首の痛みだと思っておられましたが、原因は腰にあるようでした。

腰椎3番が原因のようでした。

施術後は少し楽になられたようです。

しばらくの通院をお願いしました。

茨木市の男性は6年前からの右の股関節痛でした。

2週間前からは右の腰にも痛みがあるらしい。

腰痛の原因は腰椎3~5番のズレのようでした。腰椎4番~5番にはヘルニアの反応もありました。

腰の痛みは改善し、股関節も軽くなられました。

週に一度の通院をお願いしました。


2月17日の整体日記 坐骨神経痛

大阪府吹田市からお越しの女性は5年前に坐骨神経痛を発症されたそうです。

激痛は次第に治まり、最近は気にならない程度の痛みになっていたそうですが、

去年の12月に転倒し、症状が悪化し、今では常時右のお尻とふくらはぎに痛みがあるということでした。

骨盤の歪み、腰椎4番5番のズレ、小殿筋の緊張などがありました。

施術後は前屈する角度が増え、痛みもずいぶんマシになられたようです。

5~6回の通院をお願いしました。


2月16日の整体日記 股関節痛

滋賀県大津市からお越しになった女性は鼠蹊部の痛みでした。

1か月前から痛みが発症したそうですが、おそらくずいぶん前から徐々に悪くなっていたような気がしました。

病院のレントゲンでは腰も股関節も骨には異常がないということでした。

骨盤の筋肉や内転筋に強い緊張があり足が開きにくくなっておられました。

恥骨筋にも圧痛がありました。

股関節の関連筋を緩めて、骨盤や仙腸関節を調整すると、足が開くようになり、痛みもずいぶん緩和したようです。

あと2~3回の通院をお願いしました。


2月13日の整体日記 腰痛

大阪市淀川区の男性は4年前から慢性腰痛を感じていたそうです。

半年前から腰が抜けるような激痛が走るようになり、整骨院では治まらずお困りでした。

座っていて立ち上がると2~3分歩けない、腰を反らそうとするとガクッとくるという症状でした。

骨盤に歪みがあり、骨盤の筋肉がカチカチに緊張していました。

腰椎3番~5番にズレがあり、腰椎5番~仙骨の間の椎間板にはヘルニアの反応がありました。

施術後は腰を反らしても痛みはほとんどなくなり、前屈でも少し痛みが残るだけに改善されました。

長年の腰痛なので症状の戻りが想像されるので、1週間以内の再来院をお願いしました。


2月12日の整体日記 椎間板ヘルニアの坐骨神経痛

大阪茨木市の女性は2週間前から左の腰から足首まで痛みが発症したそうです。

整形外科のレントゲン検査では骨と骨の間が狭く、ヘルニアからの坐骨神経痛だろうという診断だったそうです。

前屈すると脚が痛み、腰を後ろへ反らすと左の腰が痛くなるという症状でした。

当初は痛み止めの薬でごまかしていたそうですが、一昨日からは痛み止めが効かなくなってきたらしい。

骨盤が歪んでおり、右脚が1.5センチ短く、腰椎3~5番にずれがありました。

腰椎5番~仙骨にはヘルニアの反応がありました。

施術後は痛みは軽減したようです。

7回ぐらいの施術が目安であることをお伝えし、しばらく通院をお願いしました。


2月11日の整体日記 頚椎ヘルニアの腕の痺れと肩甲骨の痛み 椎間板ヘルニア

高槻市から来院された女性は去年の11月から左腕が痺れるという症状でした。

整形外科のレントゲン検査では骨と骨の間が狭くなっていて頚椎ヘルニアだろうということでした。

整形外科では出来ることはないので痛みが強くなれば鎮痛剤をだしますということだったらしい。

先週から痛みが強くなり、肩甲骨も痛むようになったらしい。

上を向くことがほとんどできない状態でした。

頚椎4番5番6番7番にズレがあり、頚椎5番~6番にヘルニアの反応がありました。

施術後は上を向きやすくなられたようです。

少しお力になれました。

茨木市の女性は去年の10月にぎっくり腰のような腰痛が発症したそうです。

腰が痛くなってから2週間後には右足の太ももにも痛みが発症。

友人に勧められた南茨木の整骨院で11月から2か月間鍼治療を受けたそうですが、良くならなかったそうです。

前屈すると太ももが痛み、腰を後ろに反らすと仙骨に痛みが出るという症状でした。

骨盤と腰椎3番4番5番にズレがあり、腰椎4番~5番にヘルニアの反応がありました。

施術後は太ももの痛みは消滅しました。

仙骨の痛みも殆どなくなりました。

症状の戻りが想定されるので数回の通院をお願いし、次回予約をいただきました。


2月10日の整体日記 頚椎ヘルニア

京都府京田辺市からお越しになった男性は、3か月前からの右首と右腕の痛みでした。

1か月前に病院のレントゲン検査で頚椎の骨と骨の間が狭い、頚椎ヘルニアと診断されたそうです。

上が向けない、首を右に倒せないという状態でした。

上腕はどんな姿勢でも常にしびれているということでした。

必要な部位の筋肉を緩め、頚椎5~7番のズレを正しました。

痛みやしびれの原因は殆どが骨のズレと筋肉の硬結です。

施術後は上を向きやすくなったようです。

5回を目安に数回の通院をお願いしました。


2月6日の整体日記 立ちくらみのようなめまいふらつき

大阪府吹田市の女性は立ちくらみのようなふらつきが時々あり、歩行中に視界が悪くなることがあるということでした。

首も凝りやすいとおっしゃいました。

めまいに対する整体を行いました。

骨盤のゆがみを整え、頚椎を正し、頭がい骨を調整しました。

首や肩が楽になっていただけました。

ふらつきの改善は数回かかるので、あと2~3回の通院をお願いしました。


2月4日の整体日記 肩甲骨と肘の痛みと握力低下

滋賀県からお越しになった男性は、10日ほど前に肩甲骨と右ひじに痛みが発症し握力がなくなったらしい。

現在の握力は4だとか。

病院のMRIでは首に異常なし。原因不明と言われ鎮痛剤のみもらったそうです。

整体も2軒行ったが変化なし。

藁をもすがる気持ちで遠方よりお越しになりました。

頚椎が原因ではないようでした。

痛みの原因は首や肩や背中の筋肉の極度の緊張硬結のようでしたが、握力低下の原因がわかりませんでした。

痛みはなんとかなるかもしれませんが、握力は自信がありませんと申し上げました。


2月3日の整体日記 腰痛 坐骨神経痛

大阪府豊中市の女性はご友人のご紹介でした。

去年の12月中旬にぎっくり腰のような腰痛が発症し、しばらくすると少し治まっていたが、

今年の1月21日には立てないほどの痛みが再発したそうです。

鍼や整体に行くも、その場は少しましになるが、夜には元の木阿弥となるらしい。

座っている方が立つよりも辛いらしく、前屈は全くできない状態で、立つと痛みから逃げて体が歪んでいました。

骨盤が歪み、腰椎2番~5番に歪みがあり、腰椎4番~5番と腰椎5番~仙骨にヘルニアの反応がありました。

整体施術後は立った時の体の歪みは殆どなくなり、腰痛も軽減されたようです。

椎間板ヘルニアの可能性も高いので、数回の通院をお願いしました。

大阪府高槻市の女性は10日前から急に右のお尻から膝の裏までしびれて痛むようになったらしい。

整形外科のレントゲンでは骨には異常なし。坐骨神経痛という診断。

整骨院に5日ほど通うが症状は全く変わらないということで、ネットで知った当院にお越しになられました。

立っていたり、歩くと痺れと痛みが激しくなるということでした。

右骨盤にずれがあり、腰椎2番~5番も歪みがありました。

腰椎4番~5番に反応があったので、MRIを撮ればヘルニアと診断されるかもしれません。

整体施術後は立った時の痛みとしびれは軽減したようです。

坐骨神経痛は数回の施術が必要と申し上げ、次回予約をいただきました。


2月2日の整体日記 頭痛、頭のしびれ  椎間板ヘルニアの坐骨神経痛頚椎ヘルニア

大阪市淀川区の女性は、去年の夏から頭が痺れるようになったらしい。

病院の検査では異常が無く、更年期症状と言われたり、整形外科では頸椎ヘルニアと言われたりしたそうです。

首にブロック注射をしてからは頻繁に生あくびが出るようになる。

去年の12月からは首に絞めつけられるような痛みが発症。喉にも違和感を感じるようになる。

こめかみ付近に痛みがあり、頭全体が重いという症状でした。

骨盤や頸椎を正し、頭がい骨を調整し、波動ヒーリングでネガティブなものの浄化を行いました。

こめかみの痛みは殆どなくなり、喉の違和感もなくなりましたが、生あくびは相変わらずの状態でした。

体だけの原因とは思えなかったので、次回はヒーリングメニューをお勧めしました。

大阪府豊中市の男性は5年前から坐骨神経痛が発症し、病院のMRIではL4~L5にヘルニアがあったそうです。

左のお尻とふくらはぎの痛みですが、1か月前から痛みが強くなり、車の運転が辛いということでした。

動作での痛みはないのですが車を運転すると痛みが出てくるという症状でした。

腰椎が左回旋変位で、骨盤にも歪みがあり、最長筋、腰腸肋筋、小殿筋に緊張がありました。

仙結節靭帯にも反応がありました。

動作での痛みがないので、施術後の効果は確認できませんでしたが、数回の通院をお勧めしました。

座り続けていたり、歩き続けていたり、立ち続けていると痛くなるという症状は、初回では効果を自覚できない事が多いです。

10の痛みが8に減っても、5分で痛くなるのが10分に伸びても、痛くなれば改善を自覚できないことが多いのです。

3回通って施術を受けていただければ、痛みの程度が減るので、ご自身でも改善を自覚できるようになることが多いです。

大阪市の男性は2週間前からの症状でした。

右腕のしびれと痛み、右肩甲骨の痛み、右手中指と薬指の痺れ。

上を向いたり、首を右に倒すと痛みが出ます。

整形外科のレントゲンではヘルニアであろうという診断だったようです。

頚椎1番、5番、6番、7番にずれがあり、5番~6番の間にヘルニアの反応がありました。

施術後は上を向く角度が増えて、首を右に倒したときの痛みを減ったようです。

少しお力になれたようです。

しばらく通院されることをお薦めしました。