めまいふらつきブログ1

めまいやふらつきで耳鼻科の検査や脳神経外科の検査を受けても異常がなく、MRIで頚椎にヘルニアが見つかったときには「めまいの原因は頚椎ヘルニアです」と診断されることがあるようです。

めまいも頚椎ヘルニアの症状も、頚椎のズレと支持筋の緊張硬縮の影響が大きいですが、 めまいやふらつきの原因が頚椎ヘルニアであることはほとんどありません。

めまいは内耳が原因である場合(メニエールや耳石)や、脳が原因である場合(脳出血、脳梗塞、腫瘍)があります。

このような場合は病院の検査と治療が必要です。

耳鼻科や脳神経外科の検査で異常がない場合は心因性のめまいと診断され心療内科に回されることもあります。

また、首が原因の頚性めまいと診断され、整形外科で検査を受けるケースもあります。

整形外科のMRIでは 「ストレートネックが原因です」と診断されることもあるようです。

また、 頚椎のヘルニアが見つかった場合は、「めまいの原因は頚椎ヘルニアです」と診断されることもあるようです。

当院にもそんな方がよくお越しになります。

めまいも頚椎ヘルニアの症状も、頚椎が原因で起こるものですが、 めまいの原因が頚椎ヘルニアであることはほとんどないと考えています。

めまいやふらつきは内耳や脳に異常がなければ、原因のほとんどは上部頚椎(1番2番)と側頭骨や後頭骨のズレや、 首の筋肉の緊張硬縮による脳への血液循環不良が原因です。

上部頚椎のズレと側頭骨や後頭骨の変位や血流不良が、延髄や内耳に悪影響を与えていると考えています。

上部頚椎(1番2番)と側頭骨、後頭骨が正常になれば改善します。

頚椎ヘルニアの症状は首から肩甲骨や上肢に痛みやしびれとして出ることが多く、原因は下部頚椎(5番6番7番)のズレと関連筋の緊張硬結です。

下部頚椎(5番6番7番)を正し、関連筋の硬結やトリガーポイントを緩めれば肩甲骨や上肢の痛みやしびれは数回で解消されています。

めまいの原因は上部頚椎、肩甲骨や腕の痛みやしびれの症状の原因は下部頚椎です。

頚椎ヘルニアと診断された腕の痛みや痺れでお越しになった方のほとんどは、下部頚椎だけでなく頚椎1番にも変位が見られます。

めまいふらつきでお越しになった方のほとんどは上部頚椎だけでなく頚椎5番6番にも変位が認められます。

めまいやふらつきの症状や、頚椎ヘルニアの腕のしびれや肩甲骨の痛みの両方を訴える方の来院もあります。

身体全体の歪みを正し、頚椎の関連筋を緩めて正常化し、頸椎や頭蓋骨を調整することで、数回で改善されることがほとんどです。

当院ではめまいやふらつきも、頸椎ヘルニアの症状も、おおむね3~5回が完全改善の目安と考えています。

病院で「頚椎ヘルニアが原因のめまい」と診断された方は、一度当院の整体施術をお試しいただければと思います。

めまいやふらつきが数回の整体での改善が期待できる理由は、こちらのページをご覧ください


大阪茨木くぼ整体と二人三脚で、あなたの辛い症状の完全改善を目指しませんか?


大阪府 茨木市 舟木町4-29-205 072-636-1132