頚椎ヘルニア症例ブログ5(筋力低下の吹田市の男性)

大阪茨木くぼ整体は、19年間頚椎ヘルニアの痛みを専門とした整体を行ってきました。

症例をご紹介します。

 

頚椎ヘルニアの腕の筋力低下(力が入らない)の大阪府吹田市の男性

 

頚椎ヘルニアで明後日の3回目の予約をいただいている大阪府吹田市の男性から予約のキャンセルの電話がありました。

「もうすっかり良くなったのでキャンセルさせてください」ということでした。

この男性、1か月半ほど前に右腕がしびれだしたそうです。

吹田市の病院のレントゲン検査で頚椎症と診断されたそうです。

その後ジムでの運動中(水泳)に首に激痛が発症。

今度は病院でMRI検査を受けたところ頚椎5番6番の間の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

ステロイド注射や神経根ブロック注射、硬膜外ブロック注射などを受けるが症状の改善は感じられなかったらしい。

頚椎ヘルニアは何を受けても良くならないと思いお困りでした。

最近は右腕の筋力が落ちてきていることに気が付いたということでした。

「これは早く治さないと悪化したら大変!」と思い、インターネットで知った当院にお越しになりました。

頚椎ヘルニアと診断された方の中には、腕に力が入らない筋力低下や物を握りづらくなる握力低下を感じる方も多いです。

その原因は痛みによるものがほとんどです。

痛みやしびれの改善で、筋力や握力が回復することが多いです。

飛びだしたヘルニアが頸髄神経を圧迫した場合は、手の指に麻痺が生じ、ボタンをかけるなどの細かい動きが出来なくなります。

下肢に力が入らなくなることもあります。

ヘルニアの頚髄神経圧迫の場合は、整体では改善しない場合もあり、病院の処置が必要になることもあります。

吹田市の男性への施術では、まず当院独自の手圧操法で要所の筋肉を緩めました。

胸鎖乳突筋、斜角筋、肩甲拳筋、僧帽筋、小胸筋、鎖骨下筋などに緊張がありました。

骨盤を正し、頚椎のズレを無痛でソフトに矯正しました。

頚椎5番と6番の間にヘルニアの反応がありました。

最後に気エネルギーのヒーリングでストレスをリセットしました。

初回の整体の後は頚椎ヘルニアのしびれも軽減し、腕の力も入るようになったようです。

明後日は3回目の整体の予定でした。

結局2回の整体で頚椎ヘルニアの筋力低下が完全に改善されたようです。

頚椎ヘルニアがたった数回で良くなる理由はこちらのページへ


 

 

 

 

 

 

大阪、高槻市、吹田市、茨木市で、頚椎ヘルニアの腕立て伏せのできない筋力低下や手や指の握力低下でお悩みの方は、 くぼ整体へ。

大阪、京都、奈良、兵庫県、神戸からも評判と口コミで来院。

大阪 茨木 くぼ整体で頚椎ヘルニアの握力低下や筋力低下を解消しませんか

大阪府 茨木市 舟木町4-29-205 072-636-1132