頚椎ヘルニア症例ブログ42 右腕のしびれで4回通院された奈良県生駒郡の男性

 

右腕と肩甲骨の痛みとしびれで手術を勧められた奈良県生駒郡の男性は、自転車が辛いということでした。

当院の4回の整体施術で痛みとしびれから解放された体験談を頂きました。

201502171喜びの声

体験談本文

ある日突然右上腕右前腕が痺れ、その後それらの中の方に重怠い痛みが出るようになりました。

整形外科でレントゲン、MRIを撮った結果、第3番~4番、5番~6番の椎間板のヘルニアとの診断結果でした。

一つ目の病院では切開しての手術、もう一つの病院でもレーザー手術を勧められ、共に「手術以外では治らない。早く治したほうがいい」と言われました。

頚椎の手術には抵抗があり、他の整体も行きましたがあまり効果はなく、ダメもとでネットで見たくぼ整体に行くことにしました。

施術を受けた結果、軽く触られるだけで正直最初はその効果を疑いましたが、なかなか取れなかった右腕の痛みが安らいでいき、3回目の施術を受けたころには、その痛みがほぼ完全になくなっていました。

今では手術、休職を覚悟していたことが嘘のように日常生活を送ることができ、今は以前のように運動もできるようになり、只感謝するばかりです。

同じ症状の方は「ダメもと」の気持ちでも通院されることをお勧めします。

院長コメント

奈良県生駒郡の男性は2か月前に右腕のしびれが発症したそうです。

他の整体に通ったが良くなるどころか右腕と肩甲骨にも痛みがでてきたらしい。

病院のMRI検査での診断は頚椎3番~4番と5番~6番の2か所の頚椎椎間板ヘルニアで、手術しか方法はないと手術を勧められたそうです。

上を向いたり首を右に倒すと右腕と肩甲骨に痛みがでて、常に首が重く怠く、自転車に乗ったりパソコンに向かうのが辛いということでした。

頚椎ヘルニアの方はパソコン作業や自転車が辛いとおっしゃる方が多いです。

どちらの動作も首を少し後屈(上を向く)させることになるからです。

また、床屋での髭剃りや歯医者での治療が我慢できないほど痛むという方も多いです。

当院の頚椎ヘルニアに対する施術は、

必要な部位の筋肉を緩め、頚椎はもとより骨盤を含めた身体全体の歪みを正します。

痛みの直接原因となるトリーポイント(筋肉のシコリ)は入念に緩めます。

改善を早めるためにストレスをリセットします。

当院の施術はあくまでもソフトで、最初は「こんな施術で頚椎ヘルニアが良くなるのだろうか?」と思う方も多いようです。

でも、ほとんどの方に初回から改善を実感して頂けます。

この方の場合も初回から効果を実感して頂き、通院をお勧めしました。

3回目の施術以降は頚椎ヘルニアの右腕の痛みや肩甲骨の痛みはほとんど感じなくなられたようですが、自転車に長時間乗ると腕の奥の方に痛みを感じるということでした。

4回目の施術以降は自転車に乗る姿勢でも痛みはでなくなり、頚椎ヘルニア自体の症状は無くなりました。

現在は,運動の後やパソコン作業のあとに首が疲れやすいということで、定期的にお越しいただいています。

頚椎ヘルニアのしびれが初回から軽減する理由はこちらのページへ