頚椎ヘルニア症例ブログ34 箕面市の男性の体験談

大阪茨木くぼ整体は、19年間頚椎ヘルニアの痛みを専門とした整体を行ってきました。

症例をご紹介します。

 

箕面市の男性は、右首から右肩甲骨の痛みと右腕のしびれ、右手に力が入りにくいという症状でした。

3回の施術で症状は感じなくなられたようです。

頚椎ヘルニアでは腕に力が入りにくくなったり、握力が低下することが良くありますが、原因はほとんどが「痛み」です。

痛みが無くなれば筋力も戻る事が多いです。

ヘルニアが頸髄を圧迫しているような場合は、字が書きにくいとか箸が使いにくい、ボタンがかけづらいという細かい動きがしにくい麻痺の症状がでます。

この箕面市の男性の場合は痛みが原因の筋力低下だったので、肩甲骨の痛みや腕のしびれが減ると筋力は回復されました。

当院の頚椎ヘルニア施術に対する体験談を頂きました。

20160112喜びの声
ホームページ内の頚椎ヘルニアの症例や体験談、体験談動画は、あくまでも個人の感想で、すべての方の改善を保障するものではありません

体験談本文

頚椎ヘルニアで約1年間悩んでおり、ホームページで久保先生の事を知りお世話になろうと思いました。

1回目の施術で症状がかなり改善し2回目でほぼ痛みは無くなりました。

あと数回通えば完治しそうなので今後ともよろしくお願い致します。

院長コメント

箕面市の男性は1年ほど前から右手の親指がしびれだし、右腕もピリピリとしたしびれのような痛みが出たそうです。

病院のレントゲン検査では頚椎の椎間板ヘルニアと診断される。

4か月前から右首と右肩甲骨に痛みが発症。

最近ゴルフに行ってからは右手に力が入りにくいということに気付いたそうです。

大阪茨木くぼ整体の頚椎ヘルニア施術では、

①まず、脊柱起立筋と骨盤の筋肉を緩めた後、骨盤を整えます。

②首や肩の筋肉を十分緩めます。

③頭蓋骨を調整し脳脊髄液に働きかけ、自然治癒力活性化を図ります。

④痛みや痺れの原因となるトリガーポイント(筋肉の硬結)は当院独自の手圧操法で素早く緩めます。

⑤頚椎の歪みを無痛で矯正します。

⑥最後にストレスをリセットして改善スピードを上げます。

この方は左脚が短く骨盤にゆがみがありました。

頚椎は5番~7番に変位があり、特に5番の変位が大きく、頸椎5番~6番のヘルニアだろうと想像しました。

骨盤の歪みを整え、必要な部位の筋肉を十分緩め頚椎を正しました。

初回の施術で腕のしびれと痛みの症状は、時折感じる程度に軽減されたようです。

肩甲骨の痛みも大幅に軽減しました。

肩甲骨の痛みは頚椎を正し肩甲挙筋や菱形筋を緩めることで改善します。

右手の筋力も初回施術後には力が入るようになられました。

やはり筋力低下の原因は痛みだったようです。

2回目の施術以降は痛みやしびれはほとんど感じなくなり、3回の施術で終了しました。

頚椎ヘルニアのしびれが初回から軽減する理由はこちらのページへ