頚椎ヘルニア症例ブログ31 京都市の女性の体験談

京都市からお越しになった56歳の女性は頚椎ヘルニアの肩から肩甲骨の痛み、腕の痛み、指のしびれでお困りでした。

6回の施術で痛みは感じなくなられたようです。

体験談を頂きました。



ホームページ内の症例や体験談、体験談動画はすべての方の改善を保障するものではありません。

体験談本文

頚椎の5・6・7番が原因で、左の首、肩、肩甲骨、腕にまで強い痛みが出て、痛み止めを飲まないと生活が大変でした。

なんとか痛みを軽減したくて、はりや接骨院に行きましたがよくならず・・・・・4か所目でくぼ整体さんを見つけ治療を受けました。

3回目で痛み止めを飲まなくてもよくなり、5回目では痛みがほとんどなくなり、大好きなスポーツも再開することができるまで回復しました。

毎日「痛い、痛い」と言っていた生活がウソのようです。

くぼ先生ホントにありがとうございました。

これからもケアによろしくお願いします。

院長コメント

この方は2か月前から肩から肩甲骨が痛くなりマッサージに5回通ったが良くならなかったそうです。

鍼にも5回通院し、整骨院にも通ったが良くならなかったそうです。

整形外科ではレントゲンを撮り、頸椎5番~6番と頚椎6番~7番の2か所が狭く頚椎ヘルニアだろうと診断されたそうです。

大阪茨木くぼ整体の頚椎ヘルニアに対する施術では、

まず、脊柱起立筋と骨盤の筋肉を当院独自の無痛ポジショナル操法で緩めた後、骨盤を整えます。

膀胱系の経絡にアプローチします。

首や肩の筋肉を無痛ポジショナル操法で十分緩めます。

頭蓋骨を調整し脳脊髄液に働きかけ、血流改善と自然治癒力活性化を図ります。

痛みや痺れの原因となるトリガーポイント(筋肉の硬結)は当院独自の手圧操法で素早く緩めます。

頚椎の歪みは当院独自の骨動操法で無痛で矯正します。

最後にストレスをリセットして改善スピードを上げます。

この方の症状は、左の肩、肩甲骨、腕はじっとしていてもズキズキ痛み、左手の人差し指は感覚がおかしい状態でした。

骨盤は右が上がっていて、身体の軸が狂っていました。

頚椎は5番6番が変位。

無痛ポジショナル操法、ゆらし操法で筋肉の緊張を取り、身体の歪み、軸を整え、頸椎と側頭骨を調整しました。

初回施術後は大幅に痛みが減りましたが、翌日戻りがあったいうことでした。

2回目の施術後は痛み止めがいらなくなった。

4回目の施術後は、当初10の痛みが3に減ったそうです。

5回目の施術後は痛む回数が減り、6回目の施術以降は痛みを感じることがなくなったようです。

スポーツを続けるためにも定期的なメンテナンスをお勧めしています。

頚椎ヘルニアのしびれが初回から軽減する理由はこちらのページへ