頚椎ヘルニア症例ブログ2(肩甲骨の痛みとしびれの大阪市都島区の女性)

大阪茨木くぼ整体は、19年間頚椎ヘルニアの痛みを専門とした整体を行ってきました。

症例をご紹介します。

頚椎ヘルニアの肩甲骨の痛みとしびれ

大阪市都島区の女性は首から肩甲骨の痛みとしびれで通院されました。

1か月ほど前から首から肩甲骨にかけての痛みが発症し、その後腕の重さとしびれが発症したらしい。

整形外科を受診し、レントゲン検査では頚椎5番と6番の間が狭く頚椎椎間板ヘルニアの疑いと診断される。

症状がだんだん重くなり、肩甲骨の痛みもひどくなり、整骨院に何度も通うが良くならなかったそうです。

1週間前にMRI検査を受けたところ、頚椎5番~6番の椎間板ヘルニアと診断されたそうです。

病院や整骨院の治療では埒があかないと思いインターネットで知った当院にお越しになりました。

初回のお越しいただいたときは、常時肩甲骨と右腕が重く怠くしびれと痛みがあるという状態でした。

スポーツクラブの顧問をされているが、自らは運動ができないとストレスを溜めておられました。

首の動きとしては上を向いたり、首を右に倒したりすると痛みやしびれが強くなります。

首を右斜め後ろにもっていくと痛みやしびれが最も強くなるという頚椎ヘルニアに多い症状でした。

骨盤は右が上がっており歪みがありました。

普通、右に症状が出る人は左骨盤が上がっていることが多いのですが珍しい歪みでした。

骨盤の歪みを正し、無痛ポジショナル操法で頚椎の関連筋を緩め頚椎5番~6番の間の圧迫をとり、頚椎のずれをソフトに矯正しました。

頚椎5番~6番のヘルニアの場合、腕の痺れや痛みのトリガーポイント(原因となるシコリ)は中斜角筋にあることが多いです。

肩甲骨の痛みのトリガーポイントは肩甲拳筋や菱形筋、上鋸挙筋などにあることが多いです。

当院では軽くテンションをかけた押圧(手圧操法)で素早くに緩めます。

トリガーポイントについてはこちらのページをご覧ください

初回施術後は頚椎ヘルニアの肩甲骨と腕の痛みや痺れは数割改善されました。

3回の施術後は少ししびれを感じる程度に改善されました。

4回目の施術後痛みとしびれがまた強くなったそうです。

頚椎ヘルニアの改善過程としては、減った痛みやしびれがぶり返すことは少ないのですが珍しいケースでした。

5回目の施術後は痛み痺れはほとんど感じなくなり、7回の施術で終了しました。

頚椎ヘルニアがたった数回で良くなる理由はこちらのページへ


 

「私の頚椎ヘルニアの肩甲骨と腕の痛みやしびれがが整体で治るの?」

 

 

 

大阪、高槻市、吹田市、茨木市で、頚椎ヘルニアの腕立て伏せのできない筋力低下や手や指の握力低下でお悩みの方は、 くぼ整体へ。

大阪、京都、奈良、兵庫県、神戸からも評判と口コミで来院。

大阪 茨木 くぼ整体で頚椎ヘルニアの握力低下や筋力低下を解消しませんか

大阪府 茨木市 舟木町4-29-205 072-636-1132