頚椎ヘルニア症例ブログ13

頚椎ヘルニアの症状の原因は、頚椎のズレとヘルニアの突出に影響された首や肩の筋肉の硬結による知覚神経の圧迫です。

筋肉の硬結部にはトリガーポイントという筋肉のシコリがあります。

このトリガーポイントを緩め、頚椎のズレを正し、身体全体の歪みを調整し、ストレスをリセットすれば、頚椎ヘルニアは数回での改善が可能です。

トリガーポイントについてはこちらのページをご覧ください

大阪府茨木市の男性の症例です。

この方の頚椎ヘルニアの症状は右首から右肩甲骨への痛みと右腕のだるさでした。

この方は10年前に頚椎5番と6番の間の椎間板ヘルニアと診断され入院したことがあるらしい。

その後10年間治まることはなく、頚椎ヘルニアの痛みと腕のだるさに悩まされ続けていたそうです。

最近痛みとだるさが激しくなってきて困っていたところ、ある方に当院を紹介されたそうです。

大阪茨木くぼ整体の頚椎ヘルニア施術では、

脊柱起立筋と骨盤の筋肉を当院独自の無痛ポジショナル操法で緩めた後、骨盤を整えます。

その後、首や肩の筋肉を無痛ポジショナル操法で十分緩めます。

痛みや痺れの原因となるトリガーポイント(筋肉の硬結)は当院独自の手圧操法で素早く緩めます。

頚椎の歪みは骨動操法で無痛で矯正します。

最後にストレスをリセットします。

当院の無痛ポジショナル操法は当院独自の整体技法で、痛みのない姿勢を取ってもらい、呼吸を使い脳にアプローチして、緊張した筋肉を瞬時に緩めます。

当院独自の手圧操法は、筋肉のシコリ(トリガーポイント)に軽い圧を加えて、気エネルギーを通して緩めます。

骨盤や腰椎の歪みを骨動操法で無痛で正します。

当院独自の骨動操法は、脳脊髄液の流れのリズムに合わせて動いている骨の動きを整えることにより歪みを正します。

茨木市の男性は、整体の後は痛みやだるさは解消し、「もう治ったのか?」と思うほどでしたが、2~3日するとぶり返すという状態が続きました。

それでも、3回目の施術以降は症状は徐々に治まり、8回目以降は「ずいぶん調子がいいです」とおっしゃいました。

10回目の今日は「もうゴルフに行っても全然大丈夫」ということなので、今日の施術で頚椎ヘルニアを卒業されました。

当院の症例としては、もっとも回数のかかったほうですが、良くなっていただけて本当にうれしく思います。

その後この方からご友人のご紹介をいただきました。

頚椎ヘルニアがたった数回で良くなる理由はこちらのページへ


大阪、高槻市、吹田市、茨木市で、頚椎ヘルニアの腕立て伏せのできない筋力低下や手や指の握力低下でお悩みの方は、 くぼ整体へ。

大阪、京都、奈良、兵庫県、神戸からも評判と口コミで来院。

大阪 茨木 くぼ整体で頚椎ヘルニアの握力低下や筋力低下を解消しませんか

大阪府 茨木市 舟木町4-29-205 072-636-1132