首の痛み、頭痛、肩こり症例ブログ5

大阪府吹田市の女性から当院の施術への感想文を頂きました。

体験談本文

首の痛みと手のしびれが強く、脳神経外科に行っても整形外科に行ってもカラーや牽引しかしてもらえず、

飲み薬をもらっても”一時しのぎ”といった治療ばかりでした。

自分で体操をしたくても痛くてまったく動かせず、夜になると痛みで眠れず、やっと寝ても朝方になると手のしびれで目が覚めるといった状態でした。

整体といえば、”ボキッ”と首をひねられるイメージで、怖くて初めはドキドキしていましたが、

優しい全身のリラクゼーションで体がゆるんでいるところに、気功で全身の血液が流れる感じがしました。

最後には痛みが”ス~ッ”ととれて、首を伸ばして歩いて帰れます。

本当にありがとうございました。

院長コメント

吹田市の女性は半年前に出産後から体の歪み(猫背)が気になりだし、4か月前には朝起きた時に手にしびれを感じるようになる。

2か月前に仕事に復帰後、肩が張ってコリを感じるようになる。

1か月前からは首に痛みが出て、両腕(前腕)には電気の走るようなしびれと痛みを感じるようになったそうです。

病院のMRIでは骨や椎間板には異常はないと診断されたそうです。

インターネットで知った当院にお越しになったときは首と肩のコリと痛みが強く、満足に首を動かせない状態でした。

首は上は全く向けない状態でした。

右足が短い状態で、骨盤に歪みを確認しました。

首や肩の筋肉はひどく緊張していました。

また育児や仕事へのストレスも抱えておられました。

大阪茨木くぼ整体の首の痛みに対する施術は、

まず背中の脊柱起立筋群と骨盤の筋肉を緩め、骨盤を正します。

次に大腰筋を緩めます。大腰筋を緩めると首の前側の筋肉である胸鎖乳突筋が緩みます。

頭蓋骨と頚椎の間を緩め脳脊髄液にアプローチし、自然治癒力のUPを図ります。

当院独自の無痛ポジショナル操法で首と肩の筋肉を緩めます。

骨動操法で頚椎を正します。

最後にストレスをリセットします。ストレスをリセットすることで改善スピードが上がります。

初回の施術後には首の痛みや腕や手のしびれはほとんど感じなくなられました。

1週間後のの2回目の施術まで良好な状態が続いたので、2回の施術で終了しました。

この方、初回施術後に病院に行きレントゲン検査を受けられたそうです。

医師には、「前の検査では骨と骨の間が狭くなっていたのが、今回の画像では骨と骨の間が広くなっている」と言われたそうです。

骨と骨の間が広がるということ、 これは別に薄くなった椎間板が修復されたということではないと思います。

首の筋肉(頚椎を支持している胸鎖乳突筋、斜角筋、肩甲挙筋、僧帽筋など)が緊張して縮めば、骨も圧迫されて骨と骨の間が狭くなります。

骨と骨の間が圧迫されると、最悪の場合はヘルニアが突出することもあります。

でも頚椎の支持筋が緩めば骨への圧迫もなくなり、骨と骨の間が広くなることもあります。

骨と骨の間が広くなればヘルニアがもとの位置に戻ることもあります。

この方の場合、首と両腕の辛い症状が1回で落ち着かれて良かったと思います。

良い状態が続くことをお祈りいたします。

首の痛み、肩こり、頭痛、めまいの早期改善が期待できる理由はこちらのページをご覧ください


 

 

 

 


大阪 茨木 くぼ整体で慢性の肩こり、首の痛み、頭痛、めまい、ふらつき、吐き気を解消しませんか

大阪府 茨木市 舟木町4-29-205 072-636-1132