自律神経失調症・パニック障害ブログ1人混みが苦手でふらついたり動悸がする茨木市の男性

 

自律神経に対するヒーリングメニューで、今日が3回目の来院の茨木市の男性。

2年前に東京のある駅で突然頭がフラフラして歩くのが辛くなったそうです。

それ依頼、人の多いところが苦手になり、人混みでは頭がフラフラするようになったそうです。

最近ではスーパー、ショッピングモール、外食、満員電車、百貨店などの人の多いところでフラフラしたり、ドキドキと動悸がしたりするようになったそうです。

心療内科で自律神経が原因と診断され頓服をもらったらしいが、服用しているもフラフラドキドキにはあまり効果ないらしい。

病院で自律神経失調症やパニック障害と診断された方には、人混みが苦手な方が多いです。

人混みの中では、「すぐに逃げ出せない」と広場恐怖が働くのだと思います。

この方は小さいころから緊張しやすいタイプだったそうです。

こういう自律神経の症状にはヒーリングメニューで対応させていただいております。

初回は身体の歪みを正し、頭蓋骨調整をし、Oリングチェックで確認したストレスやトラウマを気エネルギーのヒーリングで開放します。

過去にさかのぼってトラウマをチェックする必要があるため、初回はお話を聞くのに時間がかかります。

初回は1時間程度のお時間をいただきます。

2回目以降は頚椎調整と頭蓋骨調整と気エネルギーのヒーリングで時間も30分程度と短くなります。

この男性のケースでは、Oリングチェックでは、2年前と大学時代と小学校時代と胎児の頃にトラウマの反応がありました。

小学校時代は気持ちが悪くなって給食が食べられない時期があったそうです。

大学時代は動悸がしてドキドキすることがあったそうです。

自律神経の症状の場合は、症状が出たときよりもさかのぼってストレスやトラウマを調べることが重要になります。

過去のストレスやトラウマが現在の自律神経の症状に大きく影響していることは良くあります。

また、胎児のときに受けたストレスが影響していることもあります。

この方の場合、初回ヒーリングの後は気持ちが軽くなりとても楽になり、子供と遊ぶことができたそうですが、翌日には症状が再発したそうです。

2回目のヒーリングから今日までの2週間は頓服を服用することもなく、スーパーも大丈夫で、電車も満員の特急に乗ることができたと喜んでいただけました。

ふらつきもドキドキする動悸もなかったそうです。


自律神経失調症やパニック障害について詳しくはこちらのページをご覧ください