自律神経失調症・パニック障害ブログ9胸の圧迫感の豊中市の女性

 

自律神経の乱れから胸に圧迫感や違和感があり、呼吸がしにくいという方もよく来られます。

豊中市から来院された女性は去年の春からずっと胸の圧迫感でお困りでした。

大きな呼吸もしにくいということでした。

内科や心療内科では自律神経失調症と診断され安定剤と漢方薬を服用しているということでした。

友人から紹介された鍼に通うも良くならないということでした。

自律神経失調症とは、ある意味、科学的な現代医学では「原因不明」ということを表わした病名だと思います。

確かに自律神経のバランス異常からの症状ですが、自律神経が正常に機能しなくなった原因はわからないということです。

こういう自律神経の症状に対する大阪茨木くぼ整体の施術はヒーリングメニューです。

①過去のトラウマやストレスも含めて十分お話を聞きます

②筋力テストでストレスやトラウマを確認します

③整体で骨盤や脊椎(頚椎、胸椎、腰椎)を正します。

④横隔膜を調整して呼吸を大きくします。

⑤頭蓋骨調整では脳脊髄液の流れを調整します。

⑥気のヒーリングでストレス(ネガティブマインド)の浄化やトラウマの解放を行います。

また、自律神経からの胸の圧迫感や呼吸の症状でお越しになる方は、第4チャクラが機能低下している方が多いです。

第4チャクラに気エネンルギーを入れて正常化を図ります。

呼吸中枢は延髄にあるので、延髄にも気エネルギーを入れます。

豊中市の女性は初回施術後は、胸の圧迫感はなくなり、楽に大きく呼吸ができるようになったと喜んでいただけました。

「こんなに簡単に楽になるなんて、キツネにつままれたようです」という感想でした。


自律神経失調症やパニック障害について詳しくはこちらのページをご覧ください