自律神経失調症・パニック障害ブログ6(めまい、多汗、動悸、頻尿)

 

自律神経のめまい、多汗、動悸、頻尿

 

3回目の予約の患者さんからキャンセルの電話がありました。

風邪をひいて、来院できる状態ではないらしいです。

「ところで、症状の方はどですか?」とお聞きすると、「すべて良くなって気にならなくなりました。車を運転してもどうもないし、汗もでません」ということでした。

この女性の症状は、めまいふらつき、大量に汗をかく多汗症、車で渋滞すると動悸がして呼吸が浅くなり息苦しくなる、頭痛、朝起きづらい、頻尿・・・というものでした。

あるストレスのかかる出来事から、車の中で動悸や息苦しさに襲われたり、美容院で倒れるということがあり、それ以降症状が治らないということでした。

過去のストレスやトラウマによる自律神経の乱れによる症状と判断しました。

自律神経の中枢は脳幹や間脳という処に多く存在します。

めまい中枢である前庭神経核は延髄に、発汗中枢は視床下部に、動悸や呼吸がしづらい呼吸中枢は延髄に、排尿中枢は橋にあるとされています。

ヒーリングメニューで施術しました。

大阪茨木くぼ整体のヒーリングメニューでは、ストレスを浄化しトラウマを開放することで自律神経の乱れを調整します。

整体で身体の歪み、特に自律神経に影響する上部頚椎や胸椎の歪みを正します。

頭蓋骨調整で脳脊髄液の流れに働きかけます。

まず体の歪みを確認します。

左脚が1.5センチ短く骨盤がずれていました。

頚椎もすべて変位していました。

骨盤を整え、頚椎、胸椎、腰椎を正しました。

次に頭蓋骨を調整し脳脊髄液の流れを良くします。

最後は気エネルギーのヒーリングでストレスを浄化しトラウマを開放しました。

初回施術後はめまいふらつきは改善し気にならなくなったようですが、多汗症やその他の症状は変化がわからなかったそうです。

4日後に2回目の施術を行いました。

今日は2回目の施術から1週間後でした。

2回目の施術以降、多汗症や運転恐怖、頭痛、動悸、頻尿などの症状が良くなられたのは、ストレスやトラウマの影響がなくなり、自律神経が働いたのではないかと思います。

「また、おかしくなったら伺います」ということで、2回の施術で自律神経失調症を卒業されました。


自律神経失調症やパニック障害について詳しくはこちらのページをご覧ください