自律神経失調症ブログ37 動悸

自律神経失調症の動悸が4回で落ち着かれた京都市の男性の体験談です。

201203261喜びの声

体験談本文

自律神経失調症で動悸がひどい状態でしたが、整体を受けてから、不思議と起きなくなってきました。

おかげで、仕事も頑張れるようになりましたので、嬉しいです。

院長コメント

今日が4回目の来院の京都市の男性。

病院では自律神経失調症と診断されたらしい。

一年前にジムでトレーニング中に急に気分が悪くなり、倒れて、救急車で病院へ運ばれたそうです。

それ以来、胸が苦しくなることがよくあったらしい。

4か月後にジョギング中に同じように気分が悪くなり倒れたこともあったらしい。

心療内科で診てもらい、薬を貰い飲むようになってからは倒れることはなくなったが、動悸がして胸が苦しく、喉が詰まった感じで、急に暖かい部屋に入ると気分が悪くなるということでした。

当院への初回の来院時も寒いところから暖かい院内に入ってきて気分が悪そうでした。

自律神経失調症に対する当院の施術は、ヒーリングメニューです。

身体の歪みを正し、頭がい骨を調整し、気のエネルギーでネガティブな感情やストレスをリセットし、トラウマを開放します。

自律神経失調症改善に特に重要なことは、ストレスのリセットとトラウマの開放と考えています。

初回にはお話を聞くために十分な時間を用意しています。

初回ヒアリングの情報が多ければ多いほど良い結果がでます。

ストレスやトラウマは指のOリングを使った筋力テストでチェックします。

自律神経失調症改善には身体のゆがみを整えることも大事です。

骨盤を整え、脳幹に影響する上部頚椎をソフトに調整します。

また、動悸でお悩みの方のほとんどは呼吸が浅くなっておられます。

胸骨や横隔膜を調整し、呼吸を深く大きくします。

頭蓋骨調整も必要です。

頭蓋骨を調整することで脳脊髄液に働きかけ自然治癒力の回復が期待できます。

ヒアリング、筋力テスト、歪み正し、頭がい骨調整の後、最後に気エネルギーのヒーリングでネガティブなものを浄化します。

京都市の男性は初回施術後は、食事の後には必ず気分が悪くなっていたのが治り、気分が悪くなることがなくなったそうです。

また、電車の中では必ず動悸が激しくなっていたのが、これも感じなくなったようです。

2回目施術後は動悸はほとんど感じることがなくなったそうです。

3回目施術後は寝ているときの胸の違和感も消滅。

唯一残っていた喉のツマリ感や違和感も、今日の4回目の施術後はなくなりました。

最近は年に1~2度ストレスのリセットと身体のゆがみの調整にお越しになられます。


自律神経失調症やパニック障害について詳しくはこちらのページをご覧ください