自律神経失調症・パニック障害ブログ18
 

今日が2回目のヒーリングメニューの神戸市の男性は突発性頻拍症。

この方、7年前にうつ病と診断されたことがあるらしい。

そのころから、狭いところに恐怖心や不安感を覚えるようになったそうです。

5年前に、ある乗り物に乗った時にパニックになったそうです。

それ以後電車(特急など、なかなか降りられないもの)や飛行機に乗れなくなったらしい。

今年の夏には、心臓の動悸が激しくなり、病院では突発性頻拍症と診断されたといいます。

また、会社で心臓がドキドキし身体がガタガタ震えて救急車で病院へ運ばれたそうです。

病院では心身症と診断されたらしい。

緊張すると不安感や恐怖感が出て、心臓がドキドキし、動悸がして息がしにくくなるとおっしゃいます。

初回のヒーリングメニューは10日前でした。

大阪茨木くぼ整体のヒーリングメニューでは、

①まず、充分な時間をかけてお話を聞きます。

情報は多ければ多いほど良い結果が期待できます。

②筋反射チェックでストレスやトラウマをチェックします

今のストレスだけでなく過去にさかのぼってチェックします。

③身体のゆがみを正します。

要所の筋肉を十分緩めて、骨盤と脊椎をソフトに正します。

また、胸郭や横隔膜の施術で、呼吸を大きくします。

④頭蓋骨と頚椎の間を緩め、脳脊髄液に働きかけます。

脳脊髄液に働きかけることで自然治癒力の活性化を図ります。

⑤気エネルギーのヒーリングでストレスやトラウマを開放します。

この方の場合、5年前に乗り物に乗った時の発作のトラウマが大きな原因のようでした。

初回はトラウマの開放と、突発性頻拍症と診断されたストレスの浄化を行いました。

その後10日間、思い切って薬をやめたそうです。

薬を急にやめるのは危険なので、薬はお医者さんの判断を仰ぐように申し上げています。

薬を飲みながらのヒーリングも可能です。

この10日間で不安感や恐怖感は出ていないということでした。

新幹線で出張も行けたそうです。

良い状態が安定するまで通院いただき、5回で完全に落ち着かれたようです。


自律神経失調症やパニック障害について詳しくはこちらのページをご覧ください